本文へスキップ

太平洋戦争開戦記念日(あらぐさ抄) | 高橋実の本棚

あらぐさ抄(長岡よみうりのコラム)column

太平洋戦争開戦記念日 あらぐさ抄

 

太平洋戦争開戦記念日

 昨日十二月八日は、何の日か知っている人も少なくなった。一九四一年(昭和十六年)の昨日、日本海軍はアメリカの太平洋艦隊の根拠地・ハワイの真珠湾を急襲、アメリカ・イギリスに宣戦布告をし、太平洋戦争がはじまった日である。このとき、ワシントンの日本大使館が電報の解読に手間どり、アメリカへの通告が遅れたため、日本は国際法違反の非難を受けることになった。この通告の遅れにより、アメリカでは「Remember Pearl Harbor!」が戦争協力の合言葉として使われることとなったという。
 この戦争は資源小国日本がアジア解放を目途に米英蘭の大国相手に起こした無謀な戦争だった。
 昭和二十年八月ポツダム宣言受託で長い戦争は終わった。昭和十五年生まれの筆者にこの戦争の記憶は薄い。灯火管制で電灯の周りに黒い布が巻かれた記憶しかない。大正九年生まれの叔父が千島列島から帰ってきた時の、厚い防寒靴を覚えている。
 長岡市では姉妹都市を結んでいるホノルルにわたり、真珠湾で慰霊の白菊の花火を上げて話題になった。戦争は多くの人々の命を奪いつくす。(みのるん)

 > 太平洋戦争開戦記念日 >