本文へスキップ

団子撒き(あらぐさ抄) | 高橋実の本棚

あらぐさ抄(長岡よみうりのコラム)column

団子撒き あらぐさ抄

 

団子撒き

 まもなく団子蒔きの日がやってくる。三月十五日は団子撒きといわれる。主に曹洞宗のお寺でビー玉状の米の粉で作った団子を撒く。一か月遅れの涅槃会で、本堂には大きな涅槃図が掛けられる。涅槃会はお釈迦様がなくなった日で二月十五日を指す。
 涅槃会の中央にはお釈迦様の寝姿が横たわっていて、その周りに弟子や動物たちが取り囲んでお釈迦様の死を悲しんでいる図である。右端に雲に乗った天女がいて、天女が薬を授けられたとかで、木に袋が下がっている。このお釈迦様の周りにいた動物に様々な言い伝えが残っていて、この薬を取りに行ったネズミを猫が食べてしまったので、猫は出てこない、雀は慌てて跳んで行ってお釈迦様につまづいたので、歩くときにぴょんぴょんと跳んで、歩けないようになったとか。この時、お釈迦様は北向きになっていたので、今でも一般の人も北向きの寝姿を忌む。亡くなった人は北向きに寝せる。
 このとき撒く団子はお釈迦様の「鼻くそ団子」と呼ばれ、それを袋に入れて、腰につけていれば、マムシに喰つかれないといわれた。(みのるん)

 > 団子撒き >