本文へスキップ

『語り継ぐ長岡の伝説』 | 長岡民話の会

著書紹介book

長岡民話の会が伝説集を発行しました。

語り継ぐ長岡の伝説  青柳保子/編

語り継ぐ長岡の伝説
発刊によせて

長岡民話の会 青柳 保子 

 信濃川が悠々と丘陵の問を流れ、はるかに望む雄大な山々、西の峠の向こうに塩の香りが漂うこの土地に、太古から人々が暮らしてきた。そこには、奇妙な岩、不気味な沼、時には災害や大事件など、人々が「どうして」「なぜ」と思うような存在や出来事が身のまわりに沢山あつたろう。それら「どうして」を何とか理解し、納得しようと考えた「そのわけ」が、様々な伝説を生み出したのではないだろうか。
 また世の事実を記録してゆくものが歴史であるなら、伝説は事実への人々の想いであろう。人の世の出来事に感応して人々が抱いた想いの集大成である。人の心とは何だろうと考えるとき、過去に人々がこんな風に思いを抱いた、という事例は、貴重なものであり、限りない興味をそそられる。
 過去には身の回りの山川草木、出来事や災害にさえ「いわく」や「言われ」という解説や物語が溢れていたことがうかがわれるが、それらは現在、加速度的に失われてきている。
 今回「長岡民話の会」が伝説集を編纂するきっかけとなったのは、せめて今、長岡市域にある伝説だけでもできるだけ多く残したい、という気持ちであったが、その作業は先人の皆様が採集・文字化されたものを引き写すだけになるかも、という予感を抱いた。そこで各地域の民話の会会員が聞いたことのあるもの、または知っているものなど、いわば生きでいる伝説を持ち寄ってみた。編集に当たり、地域の偏りを避け、地域の特徴を重視し、類話を整理し、原話の尊重を心がけた。
 また伝説は語り継がれるもの、土地の言葉で語られるものであって欲しい、という私たちの願いをかなえるべく、文体は文章体ではなく、そのまま語りとなるよう配慮した。
 また伝説の特徴として、何かしらゆかりの場所、残された品、土地の人が建てた記念碑などを伴うものなので、そうしたゆかりの残る伝説を一応の基準とした。
 異説、他説もあるのが伝説である。口絵の地図を参考に、自ら現地探訪なども試みていただき、これをきっかけにこの地域への興味、愛情に目覚め、あなたの心が感応した伝説を語るなどしていただけると、楽しいと思う。それが私たちの願いであり、喜びである。
     平成二十九年七月三十一日



■目次(収録された伝説)
《長岡地域》  八石山の豆の木
 稲垣家の槍 《越路地域》
 農夫名兵衛の新田開拓  田掻き観音
 苧引型兜城の謂れ  五ッ塚地蔵
 牧野忠辰公と十分杯 《与板地域》
 白狗の碑  大坂屋の嫁
 百間堤  幻の二箇村
 乳銀杏と御陵 《寺泊地域》
 筒場の長者  八百比丘尼
 妙徳院物語  口開け石
 赤池明神  横崎山の鹿蔵キツネ
 妙竜神社の謂れ 《三島地域》
《川口地域》  乙寺の猿
 泥障(あおり)様の由来  コラム 二匹の猿の物語
 境争いと一つ目小僧  仁王様の膝つき池
《小国地域》 《和島地域》
 八石山の弥三郎婆さ  塩入峠妙法の石

語り継ぐ長岡の伝説

長岡民話の会・顧問 高橋 実 

 柳田国男は、昔話は動物の如く、伝説は植物の如くとその違いを次のように述べる。
 「昔話は方々飛び歩くからどこにいっても同じ姿を見掛けることができるが、伝説はある一つの土地に根を生やして常に成長していくものである。だから雀や頬白はどこにいっでも皆同じ顔をしているが、梅椿は一本々々枝ぶりが違っているので見覚えがある。
 可愛い昔話の小鳥たちの多くは伝説の森の中や叢(くさむら)の中で巣立ち、同時に薫りの高いいろいろな伝説の種や花粉を遠くまで運んでいく。」と言うのである、
 たしかに昔話は動物のように暖かい国にも寒い国にも伝わり、すこしずつ形を変えているがどこでも似たような話がある。それに対して伝説はある特定の地名や人名に結びつき、いかにも真実のように語り伝えられる。その伝説の源流は神話であるとされ、神話が祭祀において語られなくなった時に、信じられる部分が伝説となったといわれている。しかし、その伝説も広い目で見てゆくと、全国に似たような話がたくさんあり、その伝説がある特定の地域に伝わる伝説とはいいがたい。
 であるから運ばれていった種子や花粉はそのところで発芽して成長したり、そこのところの雄しべに受粉されて実を結び、その実が発芽して前とは少し姿の変わった民話となって成長していくのだと、言うことであろう。
 民俗学辞典で伝説と昔話の違いを上げれば、次の三点である。
1、伝説は真実にあったと信じられてきたのに対し、昔話とは真実のものとは言えず虚構の含まれているものとして叙述されてきた。
2、伝説は特定の時代、人物、地域と結びつき事物の証拠として伝えるのに対し、昔話は、一般的、不確定の時代、人物として叙述される
3、伝説は叙述には一定の形式をもたず、様々な方法によって、真実性を主張する。

語り継ぐ長岡の伝説
 昔話が、子どもたちの心やことばを育てるという面を目的としているのに対して、伝説は集団の一員として社会性、アイデンティティの獲得を目的とする。
 長岡市は水沢謙一氏の集めた昔話を中心に様々な昔話が伝わっている。伝説も又新潟県内は小山直嗣、鈴木直氏のような人達が伝説集を発刊している。文字になった伝説が多いが、これを口演するとなるとどんな注意が必要であろう。
 昔話は「あったてんがな」という言葉で始まる。「てんがな」は「ということだ」という意味で、伝聞の意味で使う。人から聞いた話だ、昔から言われているが、という意味になる。「ある所」という意味も又、場所を特定しない。作り話、笑話、でたらめ話である。元の話があったとしても、あっちへ飛び、こっちへ飛びしているうちに内容が変わってくる。「粟福米福」の粟福が殿様の嫁に選ばれる場面でも、芝居小屋に落としていった下駄が粟福にあうという話もあれば、米福と粟福が歌を詠みあって上手に読んだ粟福が幸福になる話もある。
 一方伝説にも、寺泊野積に伝わる「八百比丘尼」伝説は若狭の国小浜の空印寺での伝説となっているが、寺泊では比丘尼が植えたという松が残っている。ネットで見ると佐渡にも同じ話があるようだ。伝説は特定地域、特定人物と地元では思って居るが、考えると昔話のようにひろく全国に広がっているものも多い。
 さて、本題の「語りによる」伝説であるが、まず長岡弁に直して、語りやすく書き直してみることから始めよう。和島村の「妙法の石」で見てみよう。
本文は
   昔、この村へ布教に来た一人の坊さんと、やはり法を説きにきた一人の山伏が鉢
合わせしました。村人たちは二人の話を聞きましたが、どちらもありがたそうなこ
とをいうので、さてどうしようかと迷ってしまいました。
語り訳
   昔、村に坊主と山伏がばったり鉢合わせしたんだと。ほうしで二人で争いになっ
たてんがの。
   坊主が「俺が言っていることは間違いない。おらの方が正しい。なあは間違って
いる」
   というと、山伏もまけていない。
「いや、おらは間違いは言っていない。坊主の言うことなんか嘘八百だ。おらの言うこと信じるがいい」
といいはるんだんが、村の衆は「坊さんが正しいこと言っている。そっちを信じよう」「いや山伏がいうことが正しい。おれは山伏がいい」とお互いこれまた争いになってしもうたと。
 というように砕けた語りに直してみた。説明だけではことばが上滑りしてしまう恐れがある会話を組み込んで、オノマトペを頻用して臨場感が出るようにした。
 これはほんの一例だが、聴き手の反応を見ながら伝説を生きた語りに変えてみたいものである。