本文へスキップ

木喰仏を巡る旅(円照寺) | 著書紹介

著書紹介book

木喰仏三十五体の大群像の一部

小千谷市小栗山 小栗山木喰観音堂 木喰仏三十五体の大群像の一部

『木喰仏を巡る旅―越後佐渡 ほほえみの仏たち』の内容の一部です。

大興寺(佐渡市)

円照寺(えんしょうじ)

円照寺  佐渡市旧佐和田町真光寺ののどかな里山集落に円照寺はある。地元では円照寺よりも円満坊の呼び名が通っている。木喰上人の子育て地蔵はその腕に優しく赤子を抱いていて、地元では子安地蔵の名で親しまれてきた。現在は虫害で虫穴がいたる所にある。地元では、この地蔵を背負ってお産や子育ての無事を祈ったり、安産を果たした女性が手縫いの白衣を持参して着せ替えるという風習があったという。目を細めたその姿は、穏やかで、安堵感に包まれている。この子育て地蔵は真光寺の高本家に伝わっていたものが、昭和四十年(1965)に、菩提寺である円照寺に納められたという。


 
※ 木喰仏の写真は本書をご覧ください。
お求め

<本の事項>
書 名 木喰仏を巡る旅
副書名 越後佐渡 ほほえみの仏たち
著者名 高橋 実/著
    大久保 憲次/監修
出版社 新潟日報事業社
出版地 新潟
出版年 2011年
定 価 1600円+税
ISBN 978-4-86132-441-3


※ 『木喰仏を巡る旅』目次のページをご覧ください。

 

長岡市白鳥 真言宗豊山派寶生寺 三十三観音の大群像の一部

長岡市白鳥 真言宗豊山派寶生寺 三十三観音の大群像の一部(下段中央は木喰上人自刻像)

■木喰仏の本のご紹介