本文へスキップ

白椿の下のかながめ【夢買長者】越後の昔話集

白椿の下のかながめ(越後の昔話)mukasi

白椿の下のかながめ【夢買長者】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
白椿の下のかながめ

 あったてんがの。あるどこに、あに(兄)とおじ(弟)があったと。小さいときに両親に死に別れてしもうて、二人してよその家に山仕事の手伝いにいって、だんだんでっこくなったと。
 ある時、山へ木切りにいっていたてんがの。昼になったんだんが、まんま食って休んでいたと。おじが横になってすぐグーグーと寝ってしもうたと。あには寝いらんでいたと。ほうしたら、おじの鼻の穴から、ハチが出たり入ったりしていると。不思議に思うて見ていたら、おじが目を覚ましたと。おじが
「おおこ、今のは夢だったか。神様が『お寺の白椿の下にかながめが五つ伏せてあるすけ、それをおまえに授ける』といわした」
 あにが
「そらまたいい夢だねか。おまえとおれとで明日お寺に掘りに行ってこう」
とようて、おじも
「そうしよう」
とようたと。そばで仕事をしていた人がそれを聞いて、「よし、そのかながめ、おれが先に掘ってやろう」
とその晩のうちに掘りにいったてんがの。ほうしたら、かめが出て
「おおあった。あった」
と喜んでかめのふたを取ってみたら、中はべと(土)がふっとつ(いっぱい)入っていたと。
「こらなんだや。べとが詰まっているがんに。こんげな夢なんかあたるもんか」
とまたべとかけていたと。
 つぐの日、あにとおじがいってお寺の白椿の下を掘ったれば、かながめが五つ出てきて、中には大判小判がいっぱい入っていたと。ほうして二人はその金で金持ちになって一生安楽に暮らしたと。いきがさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。