本文へスキップ

初夢【夢買長者】越後の昔話集

初夢(越後の昔話)mukasi

初夢【夢買長者】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
初夢

 あつたてんがの。あるどこにひとらもんの男があって、真面目に働いていたてんがの。正月二日の晩、夢の中に、神様が出てこらして、
「おまえは真面目に働いて、親切ないい男だすけ、かながめを授けてやる。この向こうにごうぎ(すごく)しんしょうのいいだんな様がある。その家のつぼどこ(庭)の梅の木の下にかながめが伏せてあるすけ、それを掘ってみろ」
といわしたてんがの。
 男は喜んで、雪が消えて春になったんだんが、山の向こうへ行ってだんな様の家に行ってこうと、出かけていったてんがの。なかなか遠いどこで、山のてっこう(頂上)で焼き飯食って、またあえんで(歩いて)行ったてんがの。村に着くと、もう日が暮れて、だんな様の家を聞いてやっとついたてんがの。ほうして(それで)、だんな様に
「おれは、正月二日の初夢に、おまえさんの家の、つぼどこの梅の木の下にかながめが埋まっているすけ、それを授けてくれると神様がいわしたすけ、掘らしてくんねか。もしか、かながめがあれば、おまえさんと半分分けにしよう」
と頼んだと。だんな様は
「なじょうも(どうぞ)、掘ってくんねせえ。こんにゃ(今夜)は、遅いすけ、ゆっくりと寝て、明日掘ればいいねか」
とようんだんが(言ったので)、男は疲れて寝たてんがの。
 そこのだんな様は、
「あの男は、あんげなこというが、かながめがほんとにあるがらか。おれがこんにゃ、掘ってみよう」 と、夜中に、つぼどこに行って、梅の木の下掘ったてんがの。ほして、掘っていくと、カチンと音がしたと思ったら、黒いもんが、パーッと出て、山のほうへたっていってしもうたてんがの。はて今のはなんだろうと思っていたろも、また掘ってみたうも、こんだなんも出な かったと。だんな様は
「あの男はあんげのことようろも、夢でないか。なんもでねえが」
と思うて、また寝らしたと。あさげ(朝)になって、だんな様は男に
初夢 「いや、誠に申し訳なかつた。かながめがあるか、ないかと思うて、きんな(昨日)夜、掘って見たれば、ガチャンと音がして、黒いもんが、たって出て、山の方へ飛んでいった。そのあと掘って見たうも、なんにも出なかった」
といわしたてんがの。男は、
「やっぱり、夢らんだんが、なんにもねえがらな」
と思うて、そのまま、家に帰ってきたと。
 峠のてっぺんに来たれば、黒い衣を着た坊さんが、そこで休んでいたてんがの。男も疲れたんだんが、坊さんのそばね(へ)行って休んでいたてんがの。男は坊さんに
「おめえさん、どこからきたや。おら、正月二日の初夢に、かながめが埋まっている夢だったんだんが、それを掘りにいったろも、何にもなかった」
とはなしたと。その坊さんと連れになって、自分の村まで、あえんで(歩いて)くると、日が暮れて、暗くなったんだんが、坊さんが
「おれ一晩、泊めてくんねか」
と頼んだと。男は
「おら、一人でなんもねえろも、泊ってくんねせえ」
とようんだんが、泊まることになったと。
 つぐの朝、男は、坊さんになにして食わせようかと、いろいろごっつぉ(ごちそう)して、起きてくるがん、待っていたと。だろも、いっこう起きて来ないてんがの。
「あの坊さん、なじょうにか(どんなに)、疲れているやら」
と起こしに行って見たれば、坊さんがいねえてんがの。
布団まくって見たら、でっこいかながめがあったてんがの。男は、
「この金は、やっぱりおらにさずいた金なんだな」
と喜んでいたと。ほうして、かながめの金で一生、安楽 に暮らしたと。いきがきれた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。