本文へスキップ

夢買長者【夢買長者】越後の昔話集

夢買長者(越後の昔話)mukasi

夢買長者【夢買長者】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
夢買長者

 あったてんがの。あるろこへ、若い男が二人あったてんがの。村を出て旅稼ぎしようとでかけていったてんがの。いいかげんあえんで、ここらに一休みしょうと休んだてんがの。ひとりがねころんでいたてんが、すんま(すぐ)ねぶって(眠って)しもうたてんがの。ほうしたれば、ねぶった男の鼻の穴から、ハチが一匹プーンとたって、いいかげんめでから(たってから)、もどってきて、また鼻の穴の中に入ったてんがの。ねぶらんね男はこれを見で
「こらおかしい事らねか」
と思っていたと。ほうしると、ねぶっていた男が目覚まして、
「おら、おもしい夢を見た。佐渡が島の、あるでっこい(大きい)お寺の庭に椿の木があって、その中の白い椿の下につぼが一つ埋まっていて、その中に金や銀がいっぺい(たくさん)ある夢らった」
とようたと。ほうしたら、ねぶらんかった男が、
「おらに、その夢売ってくんねか」
とようて、金出して買ったと。その夢買った男は、そこから別れて、佐渡が島へ渡って、なんとかとよう、でっこい寺、さがし当てて、和尚に
「おらこと寺若いショにつかってくんねか」
頼んだてんがの。和尚様も
「そうだな。おらとこは、ちょうど庭を掃いたり、そこら掃除しる若いショ欲しいと思っていたとこだ。いいことだすけ、なじょうも(どうぞ)、そうしてくれ」
とようんだんが、そこの寺の若いショになって真剣に働いていたてんがの。ほうしているうちに雪が消えて春になったてんがの。赤い椿が咲いている中にたった一本白い椿が咲いているてんがの。男は、その白い椿の根っこを掘って見たれば、金や銀の入ったつぼが出てきて、和尚様にも、夢を売った男にも、貧乏な村のものにも幾らか分けてやって、てめえ(自分)はごうぎしんしょうが良くなったてんがの。いきがさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。