本文へスキップ

アブの命【産神問答】越後の昔話集

アブの命(越後の昔話)mukasi

アブの命【産神問答】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
アブの命

 あったてんがの。村の鎮守様のお宮に、大工が泊まっていたてんがの。夜中になったれば、シャンシャンと馬鈴(ばれい)の音がして目が覚めたと。
「はて、こんげの夜中に何だろう」
と思うていたら、お宮の前にきて声をかけたてんがの。
「鎮守様、今夜子どもが生まれるすけ、運を付けに行こう」
そうようたと。ほうしると、鎮守様は
「おらどこは、今夜お客がとれたすけ、いがんね。よろしく頼む」
とようたと。迎えにきた神様は、また馬に乗っていがしたと。いいかげんたったら、神様が戻ってきて、
「めでたく男の子が生まれた」
とようたと。鎮守様が
「なじの(どんな)運にしたい」
とようたら、
「それが二十(はたち)になると、アブの命とようことにしてきた」
と神様がようたと。
「商売はなんだ」
と聞くと、
「大工だ」
といわしてその神様はいがしたと。
 それから、二十年たって、その子が大工になって、家建てるとって(とて)、ノミを持って仕事していたてんがの。アブが一匹プーンとたってきて、その男ののどへ食いついたと。大工はたまげてノミを持っていた手で払い除けようとして、ノミがのどに刺さって死んでしまうたと。二十のアブの命で命とられてしもうたと。いきがさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。