本文へスキップ

池の主【水神の国】越後の昔話集

池の主(越後の昔話)mukasi

池の主【水神の国】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
池の主

 あったてんがの。ある山にひとらもんの、貧乏なきこりがいたてんがの。ある日暮れにヨボヨボのじさが、つえをついてきて、
「こんにゃ、一晩泊めてくんねか」
と頼んだてんがの。きこりは
「おらちは、こんげのあばらやだが、それでいいけりゃ、なじょもとまらっしゃい」
と泊めてやったてんがの。ほうして米びつの中を逆さにして、ありったけの米炊いて、おかずもねえんだんが、生味噌をおかずにして食わしてやったてんがの。じさに食わしてやったら、きこりの食うまんまが無くて、水飲んで寝たてんがの。
 つぐの朝げ、帰るとき、じさが
「ようべは、有り難かった。おめえ、もし困った時は、この山の奥の池に来いや。ほうして池の端でポンポンポンと手を三っつはたけや。ほうせや、お祭りのようなごっつぉが出てくる。それを食うたら、おぜんとおわんはその池になしておけや」
そうようたかと思うたら、へえ(もう)じさの姿は見えなくなってしもうたてんがの。きこりは
「こら不思議だ。夢ではないか」
と思うて、山の奥へ行ってみたれば、本当に池があるてんがの。池の端でポンポンポンと手を三つはたいたてが、うんまげな(おいしそうな)、お祭りのごっつぉのおぜんが池の底からフーッと浮いて、こっちへ来るてんがの。そのおぜんをうちへ持って来て、喜んで食うて、またおぜんとおわんは池になしたてんがの。そのおぜんは、朱塗りのきれいなのだったてんがの。きこりはそれからは仕事をしないで、池へ行っちゃ手をはたいてごっつぉを出して食っていたてんがの。
 あるどき、きこりは
「こんげのいい朱塗りのおわんおらも欲しいもんだ。まあ、ひとつくらい、やらんでも分からんだろう」 そう思うておわん一つ戸棚の奥にしもうて、なさん(返さない)かったてんがの。それから、池へ行ってまめのできるほど、いっくら手をはたいても、いっこう出てこねえてんがの。
「ほうせば、仕方がねえ。あのきれいなおわん売って金にしよう」
とおもうて家にきたてんがの。ほうしたれば、その晩の
うちに戸棚から火が出て火事になって家が焼けてしもうて、のうかた(一層)貧乏になってしもうたと。いきがさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。