本文へスキップ

一本歯のげた【宝の呪物】越後の昔話集

一本歯のげた(越後の昔話)mukasi

一本歯のげた【宝の呪物】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
一本歯のげた

 あったてんがの。あるどこへ母親とせがれがあったてんがの。家は貧乏だろもそのせがれはいい子で、真剣に働いて暮らしていたてんがの。あるとき、母親が病気になって、医者にかかっているんだんが、銭がかかってどうしょうもねえてんがんの。ほうしるんだんが、銭いっぺい持っている親類から、銭借りたてんがの。薬買ってきて飲ませるろも、病気は治らんで、銭は絶えてしもうたてんがの。ほうしるんだんが、また銭借りにいったてんがの。親類の親父(おやじ)は
「おめえ、借りた銭も返さんで、なにようているや。へえ、貸せらんねえ」
とようて、いっくらねごうても、貸せねえてんがの。しかたがねえんだんが、そのまま帰ってきたてんがの。帰りしなに、お宮の所に腰かけて
「はて、まあ、どうしたもんだ。薬もかわんねえし、養生(ようじょう)もさせらんねえし、おおごとらねえか」
と思案していたと。そのうちに、疲れて、ウトウトと眠ったれば、夢の中で、年寄りのじさが出てきて、
「おめえ、そんげになに思案しているのだ」
ようたんだんが、せがれは、
「実は、こういうわけだ」
と話したと。ほうしると、じさは
「ほうせば、おめえにこの一本歯のげたをくれる。このげたを履いて転べば、小判が出てくる。ただ、履いて転ぶたびに自分の背が低くなるすけ、いりようのときだけにして、やたらに履くな」
そういわしたてんがの。ほうして、目が覚めてみたれば、そこに一本歯のげたがあったてんがの。一本歯だんだんが、そんま転んでしもうた。ほうしると、小判が一枚でたてんがの。せがれは
「こらありがたい。いいあんばいだ。神様が授けてくんなすった」
と喜んだてんがの。ほうして、金借りた親父のどこへ行って、金なし(返金)にいって、一本歯のげたのことを話して聞かせたと。親父は
「ほうか。おまえに今まで貸した金はみんなくれるすけ、そのげたおれによこせ」
とようたと。
「そればっかりは勘弁(かんべん)してくれ」
とせがれはようろも、無理にそのげた取り上げてしもうたてんがの。親父は門を閉めて、庭に大ぶろしきを敷いて、そのげた履いて転ぶてんがの。転ぶたびに小判が一枚ずつ出てくるてんがの。転んじゃ起き、転んじゃ起きしているうちに、小判が山のようにたまったてんがの。ほうしるども、自分はだんだん背が小さくなるてんがの。ほうしてせがれが、
「あの親父はまあ、どうしたろうか」
と行ってみたれば、庭には小判が山のようにたまって、親父は、ばかちんこなって、虫よりちんこなって、隅にいたてんがの。それでいきがきれた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。