本文へスキップ

塩ひき臼【宝の呪物】越後の昔話集

塩ひき臼(越後の昔話)mukasi

塩ひき臼【宝の呪物】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
塩ひき臼

 あったてんがの。あにとおじがあったと。あには金持ちだったろも欲張りだったと。おじはうちを出でかかもろうて働いていたが、貧乏だったと。年取りの日になっても、食う米もなくてあにのどこに借りにいったと。あには欲張りで
「おまえに貸せる米なんかない。冬になって働くどこがないんだんが、金もなくて、米買うことが出来ないんだ」
とようたと。おじは
「どうしょうか」
と思って山道をあえんでいったと。ほうしると、年寄りのじさが出てきて
「おめえ、どこへゆく」
とようたと。おじが
「おらこんにゃ、食う米がねえんだんが」
とようたと。じさは
「そうか、そら気の毒だ。これをくれる」
とようて、麦まんじゅう一つくれたと。ほうして
「お宮の後ろの穴に小人(こびと)がいっぺいいて、麦まんじゅうくれとようすけ、小人の宝とかえっこせい」
とようたと。おじは喜んでじさの言う通りに山のほらあなに行ってみたと。小人がいっぺえいて、
「その麦まんじゅうくれ、くれ」
とようたと。おじは、
「これをやるが、おまえたちのいすす(石臼)とかえよう」
とようたと。小人は
「いすすはおらの大事な宝物でかえらんねえ。金をやるすけ、くれや」
とようたんだんが、おじは、
「金でなくてそのいすすが欲しい」
とまたようたと。小人は
「じゃあ、いすすやるすけ、かえてくれ」
とようてちんこい(小さい)いすすと麦まんじゅうかえたと。いすすをもらって持って行くと、さっきのじさが待っていて
「そのいすすを右に回せば好きなものが出る。左に回せば止まる」
そうようて聞かせたと。
 うちに帰ったら、かかが待っていて、そのいすすで「米出れ」とようたら出たと。米も魚も出て楽々と年取りしたと。
正月になっていい家、出してもらい、あたり近所の人呼んでごっつぉしたと。あにも呼ばれてきて
「おじはどうしてこんげにしんしょうが良くなったんだろう」
と不思議に思うていたと。おじがお客に菓子やろうとして隣の部屋で
「いすす菓子出れ」
と回しているどこをあにが見たと。あにはそのいすすがほしくてどうしょもなくて、その晩いすすを盗んで逃げたと。どっかに行って金持ちになろうと、海辺にあった舟に乗って海に乗り出したと。
 菓子だのもちだのあんまり甘い物ばっか食うたらしょっぱい物が欲しくなって
「塩でれや」
とようて右に回したら、塩がどんどん出てきて止めることができんかったと。塩が山のように出て舟が沈んでしもうたと。だれもそのいすす止めることできねんだんが、今でもそのいすすが海の底で回っていて、それで、海の水がしょっからいのだと。いきがさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。