本文へスキップ

聞き耳ずきん【宝の呪物】越後の昔話集

聞き耳ずきん(越後の昔話)mukasi

聞き耳ずきん【宝の呪物】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
聞き耳ずきん

 あったてんがの。貧乏なじさがいたと。じさがお宮にお参りして
「おら神様に何か上げたいと思うろも、なんもあげらんねえ」
とようておまいりしたと。そのうちにトロトロと眠ってしもうたと。夢の中で神様が
「おまえの貧乏なことは、みんな知っている。そんげにきいつかわんたっていい。おまえに聞き耳ずきんと言うものをくれる。これをかぶれば鳥が何いってるか分かるすけ、これを持って行け」
とようたと。そうしてじさが目を覚ましてみたら、そばに赤いずきんがあったと。じさは
「これが聞き耳ずきんだ。神様がおれに授けてくれたのだ」
とようて、喜んでそれをほどこ(懐)に入れて帰ったと。途中に大きい木の下で休んでいたと。そうしると、カラスが一羽フワフワとたってきてその木に止まったと。今度は西の方からカラスが一羽ふわふわとたってきたと。じさはこんげのときこのずきんかぶってみようとずきんかぶったと。ほしたら、二羽のカラスが話していたと。一羽のカラスが
「おい、何か珍しいことはないか」
とようと、もう一羽が
「別に珍しいこともないが、浜ばたのお嬢さんが病気で死ぬか生きるかとようている」
とようと、初めのカラスが
「そうか、なんでまたそんげな病気になった」
と聞いたと。
「それがつぼどこの松の木の下でヘビがカエルをくわえている。そのヘビとカエルを取ってやれば、お嬢さんの命は助かる。それが人間には分からんだんが、気の毒だ」
とようたと。じさは
「こらあいいこと聞いた。おれがいって聞かせてやろう」
と浜ばたの村へ出かけていったと。庄屋のうちの前で「八卦見(はっけみ)(占い)、八卦見」
とようたと。そうしたら、庄屋のだんな様が
「八卦見が来たが、見てもらえ」
と中へよんだと。じさは中に入って
「何の八卦を見ましょうか」
とようと、だんな様が
「うちの娘が病気になって、どこの医者にかかってもなおらん。八卦置いてみてくれ」
と頼んだと。じさがお嬢さんの寝ている寝間の枕元にいって、八卦置いてみたと。じさは
「だんな様のつぼどこの松の木の下にヘビがカエルをくわえている。それを放してやれば、お嬢さんの病気はすぐなおる」
とようたと。だんな様が若いショよばって、松の木の下掘らしたと。ほうしたらヘビがカエルくわえていたんだんが、すぐ放してくれたと。お嬢さんの病気がすぐなおって、じさはお礼の銭いっぺえもろうたと。いきがさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。