本文へスキップ

宝の袋【宝の呪物】越後の昔話集

宝の袋(越後の昔話)mukasi

宝の袋【宝の呪物】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
宝の袋

 あったてんがの。ばさが宝の袋を持っていて、なんでも出していると。その家で嫁をもらったら、嫁がその袋を見て、欲しくなったと。ある日、嫁がその袋を盗んで実家へ持っていったと。それからばさの家は貧乏になって、犬と猫を飼っていたろも、食わしていくことができんなったと。
 ある日、ばさは、犬と猫に
「ねらねら、おらこは、嫁に宝の袋を取られてしもうて貧乏になって、ねらを飼っていることが出来なくなってしもうた。ねら、嫁のどこにいって宝の袋を取ってきてくれ」
とようたと。犬と猫は、それをきいて家を出ていってしもうたと。犬と猫は、嫁の家のがんぎ(縁側)で、みんなが寝るのを待っていると、そのうちにみんなが寝たと。嫁が入る寝間を見たと。犬は猫に
「猫、猫、なあは、家に入られるすけ、うちへ入って、宝の袋持ってこい」
とようたと。猫は、家に入って嫁の寝床にいったと。嫁は宝の袋をたんすの中へしもうて置くと。猫はたんすを開けらんねで思案していたと。そうしると、それをネズミが見て、
「今夜の猫はどうもおかしい」
と思うて猫のそばにいったと。ほうして
「猫、猫、おまえはなに思案している」
と聞いたと。そうしたら、猫が、
「ネズミ、ネズミ、聞いてくれ、嫁がばさの大事の袋を盗んできて、その袋を取りにきたろも、その袋は、たんすの中で取ることができねで、困っているが、おまえ、とってきてくんねか」
と頼んだと。ネズミは
「よしおれが取ってきてやる」
とようて嫁の寝床へ行って、たんすガリガリかじっていると、嫁が目を覚まして、棒で
「このじきしょう(畜生)」
とたたいたと。ネズミは逃げて、ちっとめると、またガリガリとかじって、とうとうたんすに穴あけてしもうたと。ネズミは、宝の袋をくわえて、猫のどこへ持ってきたと。猫は、喜んでネズミに礼ようて外へ出たと。犬が外で待っていて、袋を持って川のどこへきたと。犬は、
「おれは泳がれるすけ、おまえ、おれにばれ(背負われ)れ」
とようて、猫が犬の背中に乗って川をこいで行ったと。
それを子どもが見て
「犬が猫をぶって泳いでくる」
と笑ったと。猫がニャオンと鳴いたら、口にくわえていた宝の袋が川に落ちて流れていったと。猫はせつながって(困って)追っかけて行くと、ちょうどカメがいて、その袋を拾うてくれたと。
 犬と猫がその袋を持って、ばさのどこへ来たと。犬と猫はばさのどこで一生大事に飼ってもらったと。いきがさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。