本文へスキップ

オオカミのまゆ毛【宝の呪物】越後の昔話集

オオカミのまゆ毛(越後の昔話)mukasi

オオカミのまゆ毛【宝の呪物】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
オオカミのまゆ毛

 あったてんがの。あるどこへ、貧乏なじさがあったてんがの。あんまり貧乏で、毎日のまんまが食わんねえがらてんがの。ほうしるんだんが、村のだんな様の家に毎日行って、
「まんま食った鍋をおれに洗わせてくんなせえ」
と頼んで洗わせてもらっていたてんがの。その鍋に水いれてかんもして(かきまぜて)、まんまのかわりに飲んでいたてんがの。村のショは、じさのことを鍋洗いとようて、笑っていたてんがの。じさは
「あんまり貧乏だすけ人が笑うがら。いっそ、オオカミに食われて死んでしもう」
と思うて、ある晩、山へ行って、東の方むいて、
「オオカミ、オオカミ、おれをどうか食ってくれ」
とようたれば、オオカミがガサガサ山のやぶをこぎわけて、じさの近くまで来る音がしるども、いいて(いっこうに)姿を見せねてんがの。じさは、西の方に、北の方に、南の方に向かってオオカミを呼ぶども、いいて姿を見せねてんがの。夜明け方になって、もう一度、東の方に向かって、オオカミを呼んだてんがの。こんだ、オオカミが本当に出てきて、
「じさじさ、おめえが真人間だすけ、おめえを食う事がならん。おめえは家に帰れ」
とようんだんが、じさが家に帰ろうとしたれば、そのオオカミがまゆ毛三本くれて、
「じさ、おめえにこれをやる。これを目に当ててみれば、人の本性が分かる。このまゆ毛があれば、一生食うに困らん」
とようたてんがの。じさは喜んでオオカミのまゆ毛をもらってきたてんがの。
 その朝、だんな様の家で田植えがあって、人がいっぺえ来ていたてんがの。じさがオオカミのまゆ毛を目に当ててみれば、田植えで働いている人の心がわかって、いい人もいれば、悪い人もいるてんがの。そこへだんな様が来らして、
「じさ、おまえ来たか」
とようたてんが。じさは、
「おら、ようべな、オオカミに食ってもろうと思うて、山へ行ったろも、オオカミは、おれを食わんで、おれにオオカミのまゆ毛をくれた。それで人を見ると、人の心が分かる。田植えをしている人を見れば、本当にそうだった」
とようたと。だんな様は、
「そのまゆ毛おれに貸して、見せてくれや」
とようろも、じさは
「こればっかしゃ。人に貸せらんねえし、やらんねえ」
とようたと。だんな様は
「そうか。おめえは、いい人間だすけ、どうか、おらどこで、働いてくれ」
と頼まれて、だんな様の家で働くようになったてんがの。じさは心のいい人だんだんが、よく働いているうちに、だんな様は、仕事をみんなじさに任せるようになったてんがの。ほうして、じさは一生幸せにくらしたと。
いきがさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。