本文へスキップ

ワシと子ども【誕生話】越後の昔話集

ワシと子ども(越後の昔話)mukasi

ワシと子ども【誕生話】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
ワシと子ども

 あったてんがの。つぁつぁとかっかがあったと。男の子が生まれてかわいがって育てていたと。つぁつぁが病気になって死んでしもうて、かっか一人で子どもを育てていたと。ある時、かっかが子どもをたんぼに連れていって、そこらへ寝かせて仕事をしていたら、ワシがきてその子どもをくわえてパーッとたっていったと。かっかは子どもをさらっていったあと、しんけい(気が違った)のようになって追っかけていったと。ワシは子どもをくわえて、遠いどこへ行ってしもうたと。かっかは子どもがかわいくて仕事をしないで毎日子どもを尋ねて歩いているうちに何年もたってしもうたと。ワシは子どもをくわえて、遠い村のお寺の屋根に降りたと。赤子の泣く声がしるんだんが、和尚様が
「小僧小僧、屋根で赤子の泣く声がしるが、おめえ上がって見て来い」
とようたんだんが、小僧がはしごをかけて、屋根へ上がってみたと。ほうしたら、子どもが泣いていたと。和尚様は
「こらあまあ、ワシがさらって来たに違いない」
とかわいがって育てたと。その子がだんだん大きくなって、それは利口な子になったと。学問して偉い坊さんになったと。和尚様が死ぬ時、
「おまえはワシがさらってきた子どもで、その時の着物の切れをお守りにして、おまえのからだに付けてある。
ワシと子ども いつか母親に会った時、それを証拠にしたらいい」
とようて死んでしもうたと。その子は着物の切れを大事にしていたと。
 ある時、ある村のお寺に偉いお坊さんが来るとて人が大勢集まっていたと。
「あの偉いお坊さんはちんこい時、ワシがさらってきてお寺の屋根に置いていったのを和尚様が大事に育てて、こんげに偉くなったのだ」
と人が話していたと。それを、子どもを尋ねていた腰のまがった母親が聞いていたと。
「それはきっとおれの子どもに違いない。会いたかった」
と喜んでいたと。その偉い坊さんがおかごに乗ってこらしたと。そこへ母親が汚なげのなりをして、腰を曲げて
「この人に一目会わしてくれ」
とようてとんで出たと。お供(とも)が
「このしんけいばさ、なにようている」
と相手にしなかったと。ほうしたら、かごの中の偉い坊さんが
「おれが会うすけ、ここへ連れてきてくれ」
とようたと。ばさはワシにさらわれた自分の子どものことを話し、
「さんざん探した」
とようたと。お坊さんは
「この着物の切れに見覚えがあるか」
とお守りの切れを出してばさに見せたと。ばさは
「これはワシにさらわれた時、子どもの着ていた着物だ」
とようたと。お坊さんは
「ああ、おっかさん」
とようて二人抱き付いたと。ほうして自分はかごから下りて、おっかさんを乗せて、家に連れていったと。それからおっかさんを大事にして一生仲良く暮らしたと。いきがさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。