本文へスキップ

かんなりさまの子【誕生話】越後の昔話集

かんなりさまの子(越後の昔話)mukasi

かんなりさまの子【誕生話】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
かんなりさまの子

 あったてんがの。あるどこへ、百姓の男がいて、田草取(たなくさと)りしていたてんがの。そうしたら、かんなり様がピカピカ光って、ゴロゴロ鳴ると、男はおっかねんだんが(おそろしいので)、木の下へ行って立っていたと。そうしたら、ピカピカゴロゴロブチンと、かんなり様が落ちたと。男はたまげて、両耳ふさいで、うつぶせになっていたと。ちっとめたら、かんなり様が止んで
「ああ、いかった。おっかなかった」
と目を開けてみたら、頭に二本の角おやしたかわいげの、かんなり様の子が立っていたと。その子が両手をついて、
「どうかお願いします」
とようたと。男は
「なんだ」
と聞いてみたら、
「おら、空から落ちてきたから、あの川の舟に水をいっぺえ入れて、笹の葉をいれてくれ。そうせば、空へ上がられる。そうしてくれれば、おまえさんに男っ子を授けてくれる」
とようたと。男は
「よし、おれに付いて来いや」
と川端(かわばた)に連れていったと。川の舟に水をいっぱい入れて笹の葉を入れてくれたと。そうしたら、かんなり様の子がその舟の中に入って、笹の葉っぱで水を掻き回したと。ほうしると、べと色の雲がパーッとてんじゅく(天竺)へ上がったと。そうして、それから男の家に男の子が生まれたと。男の家では 「かんなり様がようた通りに男の子が生まれた」
とようて、喜んだと。その子はでっかくなって、力持ちで利口な子になったと。そうしたら、お寺の和尚様が「おれの寺によこせ」
というんだんが、お寺にやったら、真剣に学問したと。
 お寺の鐘つき堂に鬼が出て、みんながおっかんがってだれも鐘つきに行く人がいないと。その男の子が 「そうせや、おれが鐘をついてやる」
とようたと。お寺のショが
「おめえ、おっかんねえか」
とようろも、
「おっかんねえ」
とようて、ようさる(夜)、鐘つき堂に行ったと。そうしたら、ほんとの鬼が出で、男の子の首筋をつかんだと。
男の子が
「なにしるや。おら鐘つかんばならんすけ、待っていれや」
とようと、こんだ男の子の頭をつかんだと。男の子が「待っていれてがんに、待たんねか」
とようて、その鬼の頭をつかんで
「おめえ。どっげの顔しているかおれに見せれや」
そうようたら、鬼もたまげて、逃げて行ったと。いきがさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。