本文へスキップ

瓜姫【誕生話】越後の昔話集

瓜姫(越後の昔話)mukasi

瓜姫【誕生話】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
瓜姫

 あったてんがの。あるどこにじさとばさあったと。じさは山へ柴刈りにばさは川へ洗濯にいったと。ばさが洗濯していたら、向こうから香箱(こうばこ)(線香を入れる箱)が流れてきたと。ばさが
「実のある香箱はこっちへ来い。実のない香箱はあっちへいげ」
とようたら、実のある香箱がこっちへ流れてきたと。ばさは喜んで、それを拾って家に持ってきたと。ほうしてじさが山から帰ってくるまで床の間に置いていたと。じさが山から帰ってくると、ばさは
「じさ、じさ香箱拾ってきたぜ」
とようて見せたと。じさは
「おう、そうか」
とようて、眺めていたと。そのうちに香箱がピチンと割れて、中から、かわいげな女の子が出てきたと。その子の名前は瓜姫とようたと。だんだんでっこうなって、ばさが
「女だがんに、機(はた)織ること教えてやる」
とようて、機織りを教えてくれたと。瓜姫が機織りが上手になって、機織っていると。あるどき、じさとばさが、山へいぐとて瓜姫に
「となりのアマンジャクが来ても、決して家に入れるな」
そうようて出て、瓜姫は留守居していたと。そこへ隣のアマンジャクが来て、
「瓜姫、遊ばしてくれや」
とようたと。瓜姫は
「おらちのじさとばさがおまえを家の中に入るなとようたすけ、やだ」
とようと、アマンジャクは、
「ちっと遊ばしてくれや。家に入らねや。指の入るほどでいいから開けてくれ」
とようたと。瓜姫がちっと開けると、アマンジャクは「頭の入るほど開けてくれや」
とようたと。瓜姫はあんまりアマンジャクがようんだんが、開けてくれたと。アマンジャクは、家に入ってきて水を飲みにいって、塩を一つかみ持ってきたでんがの。
そして、瓜姫の頭に塩をまいて、頭から食ってしもうたと。瓜姫の骨ばっか前の杉の木の根っこに埋めたと。アマンジャクは瓜姫の着物着で、瓜姫になりすましていたと。そこへじさとばさが山から帰ってきたと。じさが「瓜姫や、隣のアマンジャクが来なかったか」
と聞いたと。
「ああ、こなかったぜ」
と瓜姫になりすましたアマンジャクが答えたと。じさは「そうか、いいかったな」
とようて、瓜姫をてんぐるま(肩車)に乗せて、外へ遊びに出たと。杉の木のてっぺんにカラスが止まっていて、
「じさの馬鹿じい、隣のアマンジャクてんぐるまにのせて。瓜姫はここだ」
とようたと。じさは
「このカラス何ようろうか」
と聞いてみたら
「じさの馬鹿じい、隣のアマンジャクてんぐるまにのせて。瓜姫はここだ」
と鳴いているてんがの。じさが杉の木のどこに行ってみたら、骨がいっぺえあると。じさがごうやいて、アマンジャクを殺してしもうたと。いきがさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。