本文へスキップ

くずの葉の子別れ【異類女房】越後の昔話集

くずの葉の子別れ(越後の昔話)mukasi

くずの葉の子別れ【異類女房】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
くずの葉の子別れ

 あったてんがの。侍が殿様のお供をして狩りにいったてんがの。狩りで追われたキツネが侍の足元に来て、小さくなって震えていたと。かわいそげになって、ほどこ(ふところ)に入れて隠してくれたと。ほうして、人のいないとこで、放してやったと。
 それから、何日かして、国に残して来たくずの葉姫が訪ねてきて、一緒に暮らしているうちに子どもができて、名前を童児丸と名付けたと。童児丸が大きくなった時、国元から、ほんとうのくずの葉姫が訪ねてきたんだんが、侍はびっくりしたてんがの。外に姫を待たせておいて、家に入り、女房を見れば、外のくずの葉姫とそっくりだったと。外の姫に話して、二人で家に入ると、女房はもういなかったと。女房は助けたキツネが姿をかえていたんだと。びょうぶに筆で
「恋しくば訪ねてきてみよ篠田が森」
と書いてあったと。それから子どもを連れて、篠田が森にいったんてんがの。そこで元の女房の姿が出てきて、「この玉は、おれの一番大事の物だが、童児丸にやってくれ、これを耳に当てると、鳥や獣の鳴き声がよく分かる」
とようて、くれたと。
 童児丸が大きくなって、ある日、カラスがあまりにさわぐんだんが、もらった玉を耳に当てると、京のカラスと大阪のカラスが、京のカラスに
「京都じゃ、なにか変わったことがないか」
と聞くと、京のカラスが
「京都では、いま霧(きり)が一杯で、何も見えない。町中大騒ぎしている」
とようと、大阪のカラスが
「その霧を賀茂川へ切り出せば直る」
とようたと。童児丸がこれを聞いて、みんなに知らせ、大勢で賀茂川に切り出し、京の町は助かったと。童児丸は、これで出世して、偉くなったと。いきがきれた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。