本文へスキップ

天人女房【異類女房】越後の昔話集

天人女房(越後の昔話)mukasi

天人女房【異類女房】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
天人女房

 あったてんがの。あるどこへひとらもんのあにがあったてんがの。あるどき、野へ仕事にいったれば、三人の天女がセミの羽のような着物を脱いで水あぶり(水浴び)をしていたてんがの。三人とも愛(いと)しげな天女だったてんがの。あには
「あんげな愛しげな天女を、おらの嫁に欲しいもんだ」
と思うて見ていたてんがの。そのうちにあには、その一人の天女の着物をこっそり隠しておいたてんがの。天女は水あぶりを終えて着物を着ようとしたれば、一人の着物がねえてんがの。二人の天女は天に上がって行き、一人の天女はせつなくなって泣いていたてんがの。あには「泣かんでもいい。着物がなければ、おらどこに、こいや」
とようて、家に連れていったてんがの。天女はあにと暮らしているうちに、あにのかかになって、男の子ひとりできたてんがの。
 その子が五つ六つになった時、とと(父親)が子どもに
「いいか、かかにいうでないぞ。あの天井にあるこも包みにはかかの着物がはいっているんだ」
とようてきかせたてんがの。ほうしたれば、その男の子がかかに、天女の着物の包みを聞かせたてんがの。ほうしるんだんが、ととの留守にかかは、その着物着て、天にいぐことになったてんがの。
「かか天にいぐな。いぐな」
と子どもがあんまりようんだんが、
「じゃあ、おめえとととは後から来いや。このキュウリの種を置いていくすけ、ととが帰ってきたら、その種を植えて、天まで届いたら、ととと二人で天に来いや」
そうようて種を一粒置いて、天に上がって行ったてんがの。
 ととが帰ってきて、子どもに
「かかどうしたや」
と聞くと、子どもは
「かかは天に上がった」
とようたてんがの。もらったキュウリの種をまくと、ズンズン伸びて、つるが天まで届いたてんがの。ほうして、ととは、子どもぶってつるをたぐって天まで行ったてんがの。天の国へ行って、かかを探して、三人楽しく暮らしていたてんがの。ある時、かかが、
「畑の甘瓜決してもいでくれるな」
とようたてんがの。ととはあんまりのどが乾いて、その甘瓜をもいだれば、もいだどこから、水がどんどん出て、大水になってそれに流されて、下の世界に落ちてしもうたてんがの。いきがさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。