本文へスキップ

さかな女房【異類女房】越後の昔話集

さかな女房(越後の昔話)mukasi

さかな女房【異類女房】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
さかな女房

 あったてんがの。あるろこ(ある所)へ、独り者の漁師があって、毎日魚をとっては自分で食うだけの魚を残して、あとは海に逃していたと。ほうしているんだんが、いつも貧乏だったと。ある時、かわいげな女の子がきて
「おら、みなしごでどこへでもゆくとこがないすけ、ここへ置いてくれ」
そうようたてんがね。男は
「おらうちは貧乏で、おまえなんかおかんねえ」
とようろも、女の子は
「いくら貧乏でもいいすけ、置いでくれ。頼む」
とようだんが、
「仕方がねえ。おらうちへいれば、いいこてや」
とようて、その娘は男の家に住んで、ようく働いてくれたと。ふたりはいつか夫婦になってしもうたと。女は「まんまつくるときは、みねでくれ」
とようて、ばかげにうめえ汁をつくってくれると。男は不思議に思うて、あるどき漁に行ったふりして、台所の梁(はり)の上に上がってみていたてんがね。女が、流しへ入って、桶に水くんで、その中にてめえの尻入れて、ゴシゴシと洗ってその水でお汁を作っているのだと。男はあんまりたまげて、梁から落ちてしもうたと。女もたまげて「おら、もう見られてしもうたすけ、ここにいらんね」
というたと。男は
「勘弁してくれ。ここにいてくれ」
と頼むと、女は
「おら、おまえさまに助けられた魚だ。助けられたお礼にうまい汁のだしを出して、ごちそうを食わしたかった」
とようて、魚になって海へ行ってしもうた。置いていった手箱の中に、金で作った櫛(くし)やかんざしがあったんだんが、男はそれを売って、大金持ちになったてんがの。いきがさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。