本文へスキップ

大蛇の目【異類女房】越後の昔話集

大蛇の目(越後の昔話)mukasi

大蛇の目【異類女房】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
大蛇の目

 あったてんがの。あるろこにあにとおじがあったと。
あにが嫁をもらったと。ほうしたら、おじは村のだんな様へ奉公に行ったと。十三夜の日におじが家に遊びにきたと。家では、十三夜だすけ、おはぎ作って食って、残りをお鉢に入れておいたと。あにが
「今朝、おはぎしたねか。おじにも食わせれや」
とあね(嫁)にようたと。あねは、おじに食わせたくねんだんが、
「おはぎは、へぇたえた(もうなくなったとようたと。あには、
「あっげにいっぺいあったが、へぇてえたか」
とようたと。おじは
「おら、だんな様でいっぺえもらっで食っているすけ、いらねえ」
とようて、帰ってしもうた。ほうしると、あねが、
「おじに食わせんかったども、おはぎは、いっぺえあるがんだすけ、また食おう」
とようて、お鉢のふたを取って見たれば、今朝作ったおはぎが、んなかぶれて、毛がモクモクおえて(生えて)いたと。あには
「こら食わんねがんに、ぶちゃってこよう」
そう思って、家の池へ持っていって、ふたを開けようとしると、どうしてもふたがあかんと。そのうち、自分も池の中に落ちてしもうたてや。
 そこへどっかへ遊びにいっていたあにが、帰ってきたろもかかがいないてが、小さい赤っ子もいるてがんで、真剣にそこらさがすども、いないし、近所の人に聞いても
「おらどこに来ていない」
とようし、それでも、
「さっき、お鉢たがいて(持って)、裏の方にいったが」
とおせて(教えて)くれる人がいた。そうようんだんが、裏の方に行って見たれば、池の中にお鉢が空(から)になって浮いでいるてんが。ほうして、そばにげたが脱いであったと。あには
「こら、かかは、池に落ちたがだ」
と思うて、
「かかや、かかや」
と呼ばったてが、池の水が、ムクムクしてきて、かかが大蛇になって、でてきたと。あには
「かか、かか、そんげの格好じゃ、おらおっかなくて、おまえに会わんねえすけ、元のからだになって来てくれや」
とようたと。ほうしたら、あねは、元のからだになって、「あにあに、おら、申し訳ねえ。今朝おはぎして、おじに食わせんかった。それをこんだ、おれが食おうとしたれば、モクモク毛がおえて食わんねんだんが、おまえに隠して、この池にぶちゃろうと思うて、来たろも、ふたがどうしても、開かんで、池の中に引きずり込まれて大蛇になってしもうた」
とようんだんが、
「そらまあ、おおごとら。んなには、小さい赤子があるがんに、乳くっるもんがねえ。どうせばいいやら」
とようたら、かかは、
「ほうせば、おらの蛇の目を抜いでやるすけ、蛇の目てや、高く売れるけ、それを売って赤子の乳を飲ませてくれ」
とようんだんが、蛇の目をひとつ抜いてもらったてが。
つぐの朝、あにが、町へ行って
「蛇の目、蛇の目」
と売りに歩いたてが、
「蛇の目一つだけや、いらねえ」
んなそうようて、だっれも買わんかったと。あには、池の端に戻ってきて、
「かか、かか、蛇の目ひとつだけや、だれも買い手がねえ。二つだば、いいろもと人がようが」
とようと、かかは
「そうせば、仕方がねえ。もう一つの目をやる。ほうしると、おらはめくらになってしもうて、朝げだか、晩がただか分らねえすけ、これを売って銭がいっぺえあったら、これをお寺にあげて、釣鐘を買うて、朝晩ついてもろうように頼んでくれ」
とようんだんが、あには、
「そうしよう」
とようて、蛇の目二つ持って、町に売りにいったと。ほうしたら、だんな様が喜んで高々と買うてくれたと。あには喜んでお寺に上げて、釣鐘買うてもらったと。あには、また池の端にとんでいって、かかを呼び出して礼をようたと。かかも喜んで朝晩、釣鐘の音を聞いて、暮らしていたと。いきがさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。