本文へスキップ

嫁と牛【異類婿】越後の昔話集

嫁と牛(越後の昔話)mukasi

嫁と牛【異類婿】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
嫁と牛

 あったてんがの。あるどこへおっかさと娘があったと。おっかさは毎日、山の上の神様にお参りして、
「おらうちの娘にいい婿が授かりますように」
とお願いしていたと。お宮の近くにうすら馬鹿の男がいて
「おれが、あの娘を嫁にもらいたいなあ」
思うていたと。ほうして、お宮の中に隠れて、おっかさが来るのを待っていたと。おっかさが来ると、神様のまねして
「おれはこの神様だ、おれのようことを良く聞け。ここを出て一番先にあった男に娘を嫁にやるが良い」
とようたと。おっかさは、喜んでお宮の石段をおりてきたと。ほうしたら、その男が向こうからきて
「おめえさんの娘をおれの嫁にくんねせえ」
とようたと。おっかさは
「神様のよう事だ。こんげの男でも嫁にやらんばならんか」
と思うて娘にようたと。娘は
「やだ。やだ」
とよいながら、仕方なくゆくことにしたと。
 嫁に行く日、着物着てかごに乗って行く途中に、かごやが、一服休みしているうちに眠ってしもうたと。そこへ殿様が通りかかって、かごの中で花嫁が泣いているのを見て
「おまえなんで泣いている」
とようたと。花嫁がいろいろ話すと、殿様は
「それはかわいそうだ。おれがいいようにしてやる。心配しるな」
とようて、家来に言い付けてかごの中に子牛を入れて、娘は殿様が連れでいかれたと。かご屋は目を覚まして、かごの中に牛が入っているとも知らずに行ったと。
 男は嫁がくるてんがんで、待っていたと。かごがついて戸を開けて見たら、子牛がモウモウと出てきたと。男は怒っておっかさのどこへ子牛を返しにきたと。おっかさは子牛をかわいがって育てたと。あるとき、子牛を町に連れていったとき、殿様の行列に遭ったと。行列の中から
「おっかさん」
と呼ぶ声がしたと。見たら、それは、自分の娘だったと。
殿様の奥方になっていたと。いままでの話を聞いて、おっかさは、
「これもみんな神様のおかげだ」
と喜んだと。いきがさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。