本文へスキップ

木魂婿【異類婿】越後の昔話集

木魂婿(越後の昔話)mukasi

木魂婿【異類婿】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
木魂婿(こだまむこ)

 あったてんがの。あるどこへ、茶店(ちゃみせ)が一軒あって、そこへ娘がひとりいたてんがの。そこのうちに男が遊びにきたてんがの。ほうしるんだんが、母親が
「おまえ、あの男はどこのもんだろう。こんだ来たとき、聞いて見れや」
とようたてんがの。ほうしるんだんが、その晩、男がきたんだんが、娘は
「おまえさん、どこの人だ」
と聞くろも、いっそよわんてがの。つぐの晩、聞いたれば、
「おら、村外れのもんだ」
とようだけで、名前よわんてがの。娘は、不思議なことだと思っていたろも、それ以上聞かんかったと。それからも男は毎晩遊びにくるてがの。
 その村外れにでっこいヤナギの木があったてんがの。
その木が切られて殿様の屋敷普請(やしきぶしん)に使われることになったてんがの。その木が切られる前の晩、娘はその男がばかげに苦しむ夢見たてんがの。娘は目を覚まして
「はてまあ、ふしぎだねか」
と思うていたと。つぐの日に、なったれば、そのヤナギの木が切られたんがね。ほうして、その木を殿様のどこへ引っ張っていかんければならん。村中のショがいんな(みんな)出て、ダイモチに載せて引っ張っていくのだと。その木が茶店の前にくると、ギツンとようていってえ(少しも)ずらんなった(動かなくなった)と。いっくら押しても引っ張ってもずらねんだんが、
「まあ、どうしたがだろう」
と不思議がっていたと。それを見て娘は
「あの毎晩遊びにきた男は、村外れだとようていたが、ようべな、ごうぎに苦しんでいたが、さてこのヤナギの木でなかったか」
と思って、赤いたすきかけて引っ張ったと。ほうしると、ぐらぐらと木がずって殿様のどこへ行ったと。殿様はその事を聞いて娘に褒美をいっぺえくださったと。いきがさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。