本文へスキップ

じさとおとんじょ【異類婿】越後の昔話集

じさとおとんじょ(越後の昔話)mukasi

じさとおとんじょ【異類婿】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
じさとおとんじょ

 あったてんがの。じさが畑の草取りにいったと。天気のいい暑い日だったと。じさは草取ってなんぎになったと。
「この草取ってくれるもんがいたら、娘の子三人持ったが、ひとりくれようがな」
とようたと。ほうしると、山の中からサルが出てきて「じさ、おめえ、今何ようた」
とようたと。じさは
「おら、何もよわねえ」
とようと、
「いや、なにかようた。隠さねえでいわっしゃい」
とサルがようんだんが、じさは、仕方なく、
「あんまり、暑くてなんぎだんだんが、この草取ってくれたもんがいたら、娘の子三人持ったが、一人くれようがなあ」
とようた。サルがそれ聞いて、
「おれがその草取ってやるすけ、娘、嫁にくれ」
とようて、その草いんな取ってしもうたと。じさは
「こらあ、おおごと(失敗)した」
と家に帰って、なんぎなって寝てしもうたと。そうしたら、 一番上の娘が、
「じさ、じさ、湯でも茶でもやろうかい」
と来たと。じさは
「湯も茶もいらんが、山のサルのどこに嫁にいってくれ」
と頼んだと。娘が
「おらじさは、気が狂うた。山のサルのどこへなんか、だれがいがれるんだな」
と怒(おこ)って、いってしもうたと。こんだ、二番目の娘が来て、
「じさ、じさ、湯でも茶でもやろうかい」
とようてきたと。じさは
「湯も茶もいらんが、山のサルのどこへ、嫁にいってくれ」
とようたんだんが、
「馬鹿じさ、サルのどこへなんか、嫁にいがれるか」
とようんだんが、じさはのうかた(ますます)なんぎなって、うなって寝ていたと。三番目の娘が
「じさじさ、湯でも茶でもやろうかいのし」
とようたんだんが、じさが
「おとんじょ、おとんじょ、湯も茶もいらんが、山のサルのどこに、嫁にいってくれ」
とようたと。おとんじょは
「親のいうことだけりゃ、サルのどこへでも、ジャ(ヘビ)のどこへでも、行くぜ」
とようたと。じさは喜んで起きて茶を飲んだと。
 それから、二、三日めて、山のサルが嫁をもろいにきたと。おとんじょはサルについて山へ行ったと。サルは、おとんじょを大事にしてくれたと。
 春がきて、桜の花がいっぺえ咲いているころ、おとんじょがサルに、
「サル、サル、じさのどこへ、泊まりにいこうねか」
とようて、泊まりにいぐことになったと。サルが
「じさのどこへ、何土産(みやげ)持っていぐ」
とようたら、おとんじょが、
「じさは、つきつきしたもち(つきながらできたもち)がいっち好きだ」
とようんだんが、サルは
「じゃあ、そうしょう」
とサルが、臼かずいて、おとんじょが、後からつきつきしていったと。途中で桜の花がきれいに咲いていると。
おとんじょが
「サルどん、サルどん、じさのどこへあの花一本、持っていきたいが」
とようたら、サルが、
「おれが取ってくる」
とようて、臼おろして、木に上がろうとしたら、おとんじょが
「サル、サル、その臼下ろさんでくれ。下ろすと、じさが、もちがべと臭くなったとようすけ」
とようたと。サルは、臼ぶって、桜の木にのぼっていったと。ほうして
「この枝か」
とようと、おとんじょが
「もっと天上の枝がいい」
とようんだんが、また、上に登って
「これか」
とようと、おとんじょが
「もっと上」
とようたと。もっと上に登って枝を折ろうとしたら、枝が裂けで、サルは、川の中に落ちで、流れでいったと。
おとんじょが
「臼上になれ。サル下になれ」
とようたてんが、サルは
「命惜しくねえろも、おとんじょがかわいい、かわいい」
とようて流れていったと。おとんじょは、喜んでじさのとこへきたと。いきがさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。