本文へスキップ

ヘビ婿【異類婿】越後の昔話集

ヘビ婿(越後の昔話)mukasi

ヘビ婿【異類婿】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
ヘビ婿

 あったてんがの。あるどこにつぁつぁとかっかがあったと。かっかはでっこい腹して川へ洗濯にいったと。洗濯していると、川の中で洗濯物引っ張ってはなさねと。
かっかは
「こらまあ、おごとら。大事の着物だがんに、だれだか知らねえが、この着物放してくれ。おまえ、おれの腹の子が欲しければ、生まれたら、くれてやるすけ、放してくれ」
とようたら、放したと。かっかは、うちへ行き、つぁつぁにこのこと聞かせたと。つぁつぁは、
「そうか、妙なこともあるもんだなあ」
とようたと。
 それから、女の子が生まれたと。だんだんでっかくなって、十八になって、きりょうがいい娘になったと。
春になって、友達と花見にいったと。花見の帰りに船に乗ったと。船が川のまんなかまでくると、ギツンと止まって動かんなったと。船頭が
「これは不思議だ。前に出ようとしても、後ろにさがろうとしても、動かん。この船に乗っている人は、みんな手ぬぐいをさげてくれ。その手ぬぐいが川の中に沈んでいったら、その人は、川の中に入ってくれ」
とようたと。そうして、みんなが手ぬぐいをさげたと。
みんなの手ぬぐいは、流れたども、娘の手ぬぐいだけは、沈んでしまったと。船頭は、娘に
「おまえだけ船を降りてくれ」
とようたと。娘はやだがって、入らないと。船頭は、「やだろうが、おまえが入らないと、みんなが死んでし まう。この川に大蛇がいて、おまえが気に入ったのだ」
とようんだんが、仕方なく川へ入ったと。そうしたら、船がスルスルと動いで、みんな無事に家に帰ったと。
かっかは、娘が遅くなっても帰ってこないから、友達の家に聞きにいってようすがわかったと。かっかは、
「あの子が腹にいた時、あんげなことがあった。あれは、大蛇だった」
と思ったと。
 かっかが川へ行って娘の名前を呼んだら、娘は大蛇の姿で出てきたと。かっかが
「そっげの姿だとおっかなくて会わんねえすけ、元の姿で出てきてくれ」
とようたら、きれいな娘になってでてきたと。
「おれが腹にいる時、かっかが洗濯に行って、大蛇と約束したてんが、おれは大蛇の嫁になった」
とようたと。かっかは毎日うまいもんこしらえて、川の端(はた)へおいてきたと。ほうして、次の日行ってみると、きれいに食ってあると。ある時、また娘の名前を呼んだら、かわいい子をぶうてきたと。かっかはかわいい子ができたと喜んで、それから毎日念仏をもうしていたと。
いきがさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。