本文へスキップ

さとり【異類交流】越後の昔話集

さとり(越後の昔話)mukasi

さとり【異類交流】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
さとり

 あったてんがの。あるどこへきこりがいたてんがの。
山へ小屋立って木を切っていたてんがの。今日のうちにこの仕事どうでも終やさんばならんと真剣に仕事をしていたてんがの。ほうしたれば、仕事が終えないうちに日が暮れてしもうたてんがの。枯れ木を持ってきて火をたいていたてんがの。
「もうちっとせば、おしまいになる。まあ、一服しよう」
と火に当たってたばこを吸っていたてんがの。ほうしたれば、一つ目の化けもんが出てきて、火に当たっているてんがの。なんだかおかしなもんが出てきたなと思うたら、その化けもんが、
「じさじさ、おめえの思ったことを当ててみようか。なあんだ、おかしなもんが出てきたなと思ったのし」
とようたと。ほうしると、きこりが
「おれの思うこと、いんな悟(さと)ったな」
と思ったてんがの。その化けもんが
「じさ、いま、なんだ、おれの思うことんな悟ったなと思ったのし」
といったてんがの。じさが
「こんげのやつ、かもうていらんね」
と思うたてんがの。化けもんが、
「じさ、おめえ、今、こんげのやつかもうちゃいられんと思うたのし」
といったてんがの。こんげの化けもん、早く帰ればいいと思うたら、化けもんが
「じさ、おら早く帰らんぞ」
とようたてんがの。その時、燃えていた火のおき(懊)がピーンと跳ねて、一つ目の化けもんの目にぶつかったてんがの。ほうしたれば、化けもんがたまげて(おどろいて)、
「人間てや思わんことしるもんだな。こんげのどこへいらんね」
とゴンゴン逃げていったと。いきがさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。