本文へスキップ

しゅうとばさと嫁【嫁としゅうとめ】越後の昔話集

しゅうとばさと嫁(越後の昔話)mukasi

しゅうとばさと嫁【嫁としゅうとめ】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
しゅうとばさと嫁

 あったてんがの。あるろこへ仲の悪いばさと嫁があったてんがの。彼岸がきたてんがの。ばさが
「ヒガーンが来た」
とようたてんがの。こんだ嫁が
「ヒガーンじゃねえ。ヒガンだ」
とようたてが、ばさがこうやいて
「そらね、ヒガーンだ」
とようたれば、こんだ嫁が
「ヒガンだ」
とようたと。ほうして二人が論してけりがつかねえ。ばさが
「どっちが本当だかお寺の和尚さまのところへ聞きに行こう」
とようんだんが、嫁も
「なじょうもそうしよう」
ということになったと。ばさは、朝早く起きて、
「あね(嫁)がいかねえうちに、頼んでこう」
と米二升たがいて(かかえて)お寺にいったてんがの。
ばさは
「和尚さま、おまえに頼みがあってきた。彼岸をおれがヒガーンだとようたら、嫁はヒガンだとようた。おまえさんのどこへ嫁が先にくるすけ、来たら、ヒガーンだとようてくんなせえ」
と頼んだと。和尚さまが
「おお、よしよし」
とようったと。ほうしたら、晩方になって、嫁が米二升たがいて和尚さまのどこへ来たてんがの。嫁は 「和尚さま、おら、お願いがあってきた。おらばさがヒガーンとようたが、おらがヒガンだとようて二人して論しているろも、わからねえ。ばさがここへ先にくるがらすけ、ほうしたら、ヒガンだとようてくんなせえ」
とようたと。和尚さまは
「ああ、よしよし」
とようたと。
 ほうして、つぐの朝、ばさと嫁が朝早々に二人してお寺にいったてんがの。ばさは
「和尚さま、おらのあねは、ヒガンだとようし、おらは、ヒガーンだとようし、どっちがほんとうでござんす」
和尚さまは、しばらくして
「そらあ、どっちも本当だ。春の彼岸は日が長いすけ、ヒガーンだ。秋の彼岸は日が短いすけ、ヒガンだ」
とようたと。ほうしてばさもあねも、どっちも米二升損してしもたてんがの。いきがさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。