本文へスキップ

後家と子ども【嫁としゅうとめ】越後の昔話集

後家と子ども(越後の昔話)mukasi

後家と子ども【嫁としゅうとめ】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
後家と子ども

 あったてんがの。あるどこへ、つぁつぁとかっかがあって、男の子があったと。男の子が六つの時、かっかがあんべえ(病気)が悪くなって死んでしもうたんだんが、後家をもらったと。子どもはちっと大きくなったんだんが、後家になつかねえで、つぁつぁのどこへばっか行くがらと。後家はこの子がにっくくてどうしょうもないと。
「この子が死んだら、なじょうにかよかろう」
と思うて、あるどき、医者どんの所にいって
「おら、頼みがあるが、この子が自然に死ぬような薬を盛ってもらいたい」
と頼んだと。医者どんは
「よしよし、うまいもんの中に薬をいれておくすけ、それを毎日子どもに食わせれ」
とようて、あんこの入ったうまい薬をよこしたと。かっかは子どもにそのあんこの入った薬をくれたと。ほうしたら、その子が
「おらうちのかっかは、こんげのうまいもんくれる」
と喜んでかっかになつくようになったと。かっかもその子がかわいくなってきたてが。
「はて、こら自然と死ぬうまいもんくわせて、この子が死んだらおおごとら」
そう思うて医者どんのどこへ行って、
「おら、ほんとに申し訳なかった。あの子が、おらになつくようになったら、おらもかわいくてどうしょうもねえ。どうかあの子が死なないような薬にしてもらいたい」
と頼んだと。医者どんは、
「あれは、ほんとのうまいもんで、死ぬ薬は入れてない。心配しんな。あのうまいもんで、子どもはおまえになつくだろうし、おまえは子どもがかわいくなるだろうと思うてそうしたがら」
とよわしたと。それを聞いて後家のかっかは喜んで、「あんげの気になったおれがいっち悪かった」と謝ったてが。いきがさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。