本文へスキップ

ボタとカエル【嫁としゅうとめ】越後の昔話集

ボタとカエル(越後の昔話)mukasi

ボタとカエル【嫁としゅうとめ】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
ボタとカエル

 あったてんがの。あるどこへ、ばさと嫁があったと。
ばさが欲張りで、てめえばっかうめえもん食って、嫁にくんなかったと。あるどき、隣からぼたもちもらって、ばさはそのぼたもち、重箱の中に入れて、
「ボタボタ、おれが見たらボタになれ。あねが見たらカエルになれ」
そうようて、戸棚の中に隠してお寺参りに行ったてんがの。嫁がそれを聞いていてばさがお寺参りに行った留守にそのボタを一つ食ったれば、あんまりうめんだんが、また一つ食い、また一つ食いして、七つみんな食ってしもうたんだんが、池のカエルを代わりにいれておいて、仕事にいったてんがの。ばさがお寺から帰ってきて、ぼたもちを食おうとして、重箱のふたを開けたら、カエルがピョンピョン飛び出してきたてんがの。ばさはたまげて、
「ボタ、おれだ。ばさだ」ボタとカエル
とようたろも、カエルがピョンピョン飛び出して、池の方にとんでゆくてが。ばさは
「ボタ、あんまりとぶなや。あんこがおちるがね」
そうようてカエルを追っかけていぐうちに、カエルはボタにならんで、みんな池の中にジャボンジャボンと入ってしもうたてんがの。いきがさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。