本文へスキップ

絵姿女房【夫婦話】越後の昔話集

絵姿女房(越後の昔話)mukasi

絵姿女房【夫婦話】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
絵姿女房

 あったてんがの。あるどこにあにが馬鹿きりょうのいい嫁もろうたと。その嫁があんまりきれいだんだんが、あにが一日中嫁の顔ばっか見て仕事しねえと。嫁が
「あにあに、毎日毎日、おらの顔ばっか見て、仕事しないじゃおらが困るすけ、これを持って仕事してくらっしゃい」
そうようて自分の顔を書いた絵紙を預けたと。あにはその紙持って仕事にいったと。ほうして、その紙を棒の先にいつけて、それを見ながら仕事をしていたと。
 あるどき、大風が吹いてその紙吹き飛ばしてしもうたと。あにはたまげてぼっかけて行ったろも、どこへ行ったか、わからねえと。その紙は殿様の屋敷へ飛んでいって、家来が見付けて殿様のどこへ持っていったと。殿様はその紙をみて
「これはきれいな娘だ。おれのかかにしるすけ、探して連れてこい」
とようたと。家来は手分けして探して、その女をやっと探したと。家来は
「この女を殿様のどこへ連れて行く」
とようたと。あにが
「これはおれのかからすけ、連れていかないでくれ」
と頼んだろも、聞かなかったと。嫁が
「あにあに、心配しるな。おれは殿様のどこへ行くろも、秋になったら、殿様の屋敷に柿売りに来てくれ」
とようて、殿様のどこへ行ったと。しゃべりも笑いもしねかったと。
 秋が来て柿が食われるころになったと。屋敷の外で「柿、柿」
と柿売りの声がしたと。ほうしたら嫁がにこにこしたと。その顔があんまりかわいかったんだんが、柿売りを
門の中に入れたと。ほうして柿売りと殿様の着物をかえっこしたと。殿様は、嫁を笑わせようと
「柿、柿」
とようろも、嫁はいっこう笑わんかったと。門を閉める時間になって、殿様は外へ出されて、柿売りは本当の殿様になって、嫁は奥方になったと。いきがさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。