本文へスキップ

あにとあね【夫婦話】越後の昔話集

あにとあね(越後の昔話)mukasi

あにとあね【夫婦話】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
あにとあね

 あったてんがの。あるどこへ、あにとあねがあって、仲よく暮らしていたてんがの。あねが、あんべえが悪くなって、寝ているてんがの。だんだん悪くなって、死にそうになったてが。あねが
「あに、あに、おれが死んだら、後家もろうろうなあ」
と聞いたと。あには
「なに、おめえが、死んでも、後家なんて決してもろわん」
とようんだんが、あねは、
「ほうせば、後家もろわんと、約束しるけ」
とようたと。あには
「おう、約束しる」
とようたと。あねは、
「ほうせば、おれが死んだら、頭を、半分だけそって如来様(にょらいさま)の下に埋めでくらっしゃい」 とようて、あねは、死んでしもうたと。あには頭の毛半分だけそって如来様の下へ埋めてやったと。三十五日、四十九日、一周忌も終えてしもうたと。ほうしたれば、親類ショも、
「おまえ、一人でいらんねがんに、後家もろうたらどうだ」
とようろも、あには
「いや、かかと約束したすけ、後家なんかいらん」
とようていたと。
 そのうちに、だんだん日がたって、親類ショに
「後家もろえ、後家もろえ」
とよわれるんだんが、とうとうもろうたと。
 あには、毎日商いに出ているんだんが、かかは留守居しで、糸とっているてが。あるどき、如来様の戸がギーッと音がして開いたてが。ほうして、生臭い風がフワフワーッと吹いてくるてが。ミシンミシンと音がして、頭の毛半分そった、腰から下のない前のかかが出てきて、
「おれが出てきたなんぞ、あにに、ようときかんぞ」
とようて、また、フワァーと消えたと。あねはおっかのうてどうしょうもなかったと。ほうしてあねが、毎日留守居していると、死んだあねが、出でくるんだんが、体もやせ、顔色も悪くなってきたと。あには 「おまえ、ばかに顔色が悪いが、なじだ」
と聞いたと。あねは
「いや、なじでもねえ」
とようろも、あにが
「いや、その顔色はただごとでねえ。なにしたがら」
とあんまりあにがようんだんが、死んだかかが出てくることを聞かせたてが。あにが
「ほうせば、おれがうちにいる。おれがうちにいれば、かかもででこねろう」
とようて、うちにいたら、かかもでてこねかったと。あにもうちにばっかいられねんだんが、また商いにでたと。ほうしたれば、死んだかかが出てきて
「おれが、あににようなと、あっげようたてがんに、ようたな」
とようて、震えているかかの首もいで、もっていったと。晩方(ばんがた)、あにが来て見たれば、首のないかかが死んでいたと。あには
「これは死んだかかのしわざにちがいない」
と如来様の下掘ってみたら、かかの首があったと。いきがさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。