本文へスキップ

安寿姫と厨子王丸【親子話】越後の昔話集

安寿姫と厨子王丸(越後の昔話)mukasi

安寿姫と厨子王丸【親子話】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
安寿姫と厨子王丸

 あったてんがの。おとっつぁんとおっかさんと安寿姫(あんじゅひめ)と厨子王丸(ずしおうまる)、それに乳母(うば)の五人で暮らしていたと。おとっつぁんが京へお上りになり、三年経っても便りがなかったと。子どもたちが
「おとっつぁんはどうしているやら」
と時々ようので、おっかさんと乳母が相談して、おとっつぁんを尋ねて、行くことにしたと。四人して旅に出かけたと。ある村にいったら、どこの家でも泊めてくれなかったと。仕方なく橋の下へ泊まっていたと。ほうしたら、山椒太夫(さんしょうだゆう)、悪太夫よう泥棒が橋の上を通ったと。ほうしたら、橋の下で話し声がするんだんが、泥棒が下へ降りてきて、
「こんげのろこにいないでおらの家に来い」
ようて連れていったと。夜中に家の女がきて、
「ここの家のショは、明日の朝、早く起きてくるすけに起きるな」
とようたと。
「舟に乗せて人買いに売るのだすけ起きないでいれ」
と聞かせたと。そこのショが
「早く起きれ、早く起きないと、舟が出てしもう」
とようて、子どもが泣いているのにむりやり浜辺に引っ張っていって、おっかさんと乳母は一つの舟に乗せて、安寿姫と厨子王丸は、別の船に乗せて、船は東と西に分かれて行くと。おっかさんは
「安寿、厨子王」
と呼び、安寿と厨子王は
「おっかさん」
と呼んで、舟が見えなくなるまで、両方で泣きながら呼んでいたと。舟が見えなくなってから、乳母は 「子どもがいなくなれば、おれはいなくていい」
とようて、海へ飛び込んだと。おっかさんも
 「おれも」
とようて、海へ飛び込もうとしたら、泥棒が押さえて、足のあくどの立ち筋を切ったと。おっかさんは、阿波(あわ)の国へ売られていったと。安寿姫と厨子王丸は塩たき場に売られていったと。毎日無理な仕事をさせられ、飯もちっとしか食わせないと。
 ある月夜の晩に、二人が夜中に起きて、外へ出て、安寿姫が厨子王丸に、
「つらいでしょう。おれは女だから逃げられないが、おまえは男だから逃げて行きなさい」
とようて、椿の葉を取って、それで水をくんで、別れのさかずきを交わしたと。厨子王丸にワラジの足跡が見つからないように、片方は反対に履かせて、
「早く逃げて行きなさい。明るくなると、捕まるから」
とようて逃がしてやったと。
 厨子王丸がどんどん逃げていったら、お寺があったと。そのお寺に安寿姫と厨子王丸
「助けてくれ」
と頼んだと。和尚様が出てきて、ありがたいお経と厨子王丸を一緒にして、こもにくるんで、本尊様のところへ下げてくれたと。そこへ泥棒がきて、
「ここへ小僧が来たろう。早く出せ」
とようろも、和尚様は
「だれも来ない」
とようたと。泥棒は怒って家探(やさが)ししたと。どこを見てもいないで
「あの本尊様に下げてあるこも包みを見せてくれ」
とようたと。和尚様は
「あれはありがたいお経が入っていて、さわると目がつぶれるのだ」
とようろも、きかんで、下ろそうとしたら、目がつぶれて見えなくなったと。泥棒が
「和尚様助けてくれ」
とようんだんが、和尚様が助けてやって、泥棒は逃げていったと。ほうして、厨子王丸はお寺の小僧になったと。安寿姫は厨子王丸を逃がした罰(ばっ)で、外の木に逆さにいつけられたと。そうして、そこを通る人にのこぎり引きにさせたと。一番先に引いた人はいつまでも頭の中から、離れなかったと。
 厨子王丸が助けてもらった村のだんな様は、子どもがないので、子どもをもらうことになったと。子どもたちに
「花を取ってこい。殿様の好きな花を作って持ってきた子どもをもらう」
とようことで、村中の子どもが花を作って持って行くと。お寺の和尚様は厨子王丸に
「おまえも花を作って持って行きなさい」
とようて、紙をくれたと。厨子王丸はシコウの花(死華花)しか作ることを知らないから、シコウの花を作って持っていったと。ほうして、殿様は、子どもたちの作ってきた花を上から下までズーッと見て来られたと。一番下にあるシコウの花を見て、
「これがおらこの子どもだ」
とようて、お寺にきて、厨子王丸をもらっていったと。
だんな様が厨子王丸に部屋をくれたと。厨子王丸は、その部屋で毎日一生懸命勉強していると。だんな様が
「どうしているやら」
と思うて、厨子王丸の部屋をのぞいて見たら、床の間に掛け軸かけて、その前で勉強していると。よく見たら、その掛け軸は大切な掛け軸で、おとっつぁんが国を出るとき、家に忘れてきたのだったと。そのためにおとっつぁんは、島流しにされたのだと。それを厨子王丸が家を出る時、おっかさんが厨子王丸の背中にかずかせて来たのだと。それを見ただんな様は
「この子は、おら家の若だんなだ」
と家来がかごに乗せて、だんな様の土地を見て回ると。
そうして阿波の国にいったと。そうしたら、目の見えないおっかさんが粟(あわ)の鳥追いをしていたと。
「安寿かわいや、厨子王かわいやホウラホイ」
と畑の中の綱を引っ張ると、鈴の音がチリンチリンと鳴ると。それを聞いた厨子王丸は、
「あれはおっかさんだ」
とそばへ行って、二人は抱きおうて泣いたと。ほうして、厨子王丸はおっかさんをかごに乗せて、自分の屋敷に連れてきて大事にしたと。安寿姫を殺した人はみんな島流しにされたと。おっかさんの目は治って幸せになったと。いきがさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。