本文へスキップ

親を助けた娘【親子話】越後の昔話集

親を助けた娘(越後の昔話)mukasi

親を助けた娘【親子話】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
親を助けた娘

 あったてんがの。侍(さむらい)の兄弟が争ってあにがおじを殺したと。そのおじには連れ合い(配偶者)と娘があったと。おじの連れ合いが夫の敵を取るとようて、娘を祖母に預けて旅に出たと。身なりを隠してあにの家にいって、女中に使ってもらったと。一生懸命働いて、殿様のすきを見て、夫の仇(あだ)を討とうとして何時も短刀を肌身離さず持っていたと。それを仲間のものに見つかったと。
それで、おじの連れ合いはろう屋に入れられてしもうたと。風の便りで出でいった家の方にも聞こえてきたと。
おじの連れ合いが家を出る時、置いていった娘が十七才になったと。その娘が
「おっかさんを助けよう」
とようて、家を出ていったと。
 幾日かしてそのあにの家に着いて、頼んで使ってもらうことになったと。一生懸命働いて、なんとかして、おっかさんのことを知りたいと思っていたと。
 ある日、庭に出てあっちこっち眺めていたと。そうしたら、蔵があるのが目に付いたと。そばへ行ってみようとしたら、仲間の人が来て、
「その蔵には、近付いではなりません。その蔵の中には、悪いことをした人が閉じ込められているんだから」
とようんだんが、娘はおっかさんがこの中にいるのだ。
なんとかして助けたいと思っていたと。
 殿様の屋敷に偉い人が来て、宴会を開くことになったと。その時、若い娘さんを十二人集めて、舞を舞うことになって、十一人まで集まったが、あと一人がいなくて困っていると。そうしたら女中の娘をお願いしたら、とようことになって、十二人で舞うことになったと。なかでも娘は特別踊りが上手で殿様の目に留まったと。きりょうもよく、上品で、踊りも上手で、殿様が
「このたびの踊りは日本一だ。国はどこだ、名は何とよう。褒美(ほうび)は望みに任せて取らせてやる。さあ、前に出て申しなさい」
とようたと。娘は恐る恐る前に出て
「母の身代わりになりとうございます」
とようたと。すると、殿様の顔色が変わったと。
「自分の命をねらった女に、こんなよい娘があったのか」
と感心して、母親をろう屋から出して娘と一緒に国に帰したと。いきがさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。