本文へスキップ

焼くもちごろごろ【隣のじい】越後の昔話集

焼くもちごろごろ(越後の昔話)mukasi

焼くもちごろごろ【隣のじい】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
焼くもちごろごろ

 あったてんがの。あるろこへ、じさとばさがあったと。じさがやまへ仕事に行くとようたれば、ばさが焼くもちこしろうてくれたと。山へかや刈りに行って、腹が減ったので焼くもちを出して食うていったと。じさは手っぱずれで、焼くもちを落としたと。じさがそれを拾うとしたら、焼くもちがごろごろと転がり出したと。じさが
「焼くもち、待ってくれ。待ってくれ」
とようて、焼くもちについて行ったと。ほうしると、
転んでいった焼くもちが穴の中へ落ちたと。ほうしるんだんが、じさもばさも穴の中へはいっていったと。そこへ地蔵様が立つていらしたと。じさが
「地蔵様、地蔵様。ここへ焼くもちが転んでこねかったろうか」
と聞くと
「おう、焼くもちは来たろも、おれが、んな食ってしもうた。その代わりに、金もうけさせてやるすけ、今夜おらどこに、泊まっていけ。暗くなると、赤鬼と青鬼が来て、ばくちをしる。金いっぺいもってきて、ばくちをしるすけ、たいていになったら、箕(み)をたたいて、鶏のまねしれ」
と地蔵様がようたと。
 その通りに、夜中鬼どもが来て、銭いっぺえだしてばくちをはじめたと。じさがバタバタと箕をたたいて
「ケッケケッコウ」
と鳴いたてが。ほうしたら鬼どもが、
「なんだ。へえ、夜が明けたかな」
とようて
「夜が明ける。こりゃ、おおごとら」
と銭、んな置いて逃げていってしもうたと。地蔵様が「じさ、その銭、んなおまえにくれるすけ、もっていげ」
そういわしたと。じさは、その銭もって家にきて、ばさに話してきかせたと。ばさも喜んで銭勘定していたと。
 隣のばさが
「隣のショ、火をくらっしゃい」
ときたと。銭を見て
「まあ、まあここのショは、こんげの銭どこから出したい」
と聞くんだんが、ばさが
「おらじさは、焼くもちもって山へ行って、その焼くもちがごろごろ転がって穴へ入ったんだんが、じさがついていったれば、地蔵様がそこにいらして、こうして、銭もらってきた」
と話したと。その話を聞いて隣のばさは家にいって
「じさじさ、隣のじさが焼くもちをもって山へ行って、地蔵様から、銭いっぺいもろうて来た。おまえも行ってくらっしゃい」
とようて、じさはばさのこしらった焼くもちを持って、山へ行ったと。お昼になって、焼くもちは落ちねいろも、じさが転がして、穴に落としたと。穴の中に入っていったら、地蔵様がいらしたと。地蔵様に焼くもちを食うてもろうて、よさる泊めてもらったと。夜、鬼どもがきて、ばくちをはじめたと。たいていになると、じさが箕をばたばたとたたいて
「ケケコッコウ」
と鳴いたと。鬼どもは
「おかしいな。今ごろ鶏がなくわけがない。夜っべなもこうだった」
とようているうちに、またじさが
「バタバタ、ケッケッコウ」
とようたと。鬼どもは
「こりゃ、おかしい。二階にだれかいるな」
とようて二階にあがってきたと。二階にじさがちっこくなっていたと。鬼どもが
「んな、ようべなもおらの銭持って行った。またそうしょとおもうて鶏のまねしたな」
そうようて、じさは体中たたかれて、血だらけになってやっと逃げてきたと。人のまねしるんだんが、そっげ(そんな)の目にあうたと。いきがさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。