本文へスキップ

腰折りツバメ【隣のじい】越後の昔話集

腰折りツバメ(越後の昔話)mukasi

腰折りツバメ【隣のじい】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
腰折りツバメ

 あったてんがの。あるろこへ二人の兄弟があったてんがの。あには欲張りで、のめしこき(なまけもの)だし、おじは親切で、稼ぎ手だったてんがの。そのおじの家の軒端にツバメが巣作ったてんがの。おじはツバメをかわいがっているうちに、ツバメの子がみよけて、巣の中でピーチク、ピーチクとないているてんがね。親ツバメは餌をくわえてきては、くれているてんがね。
 ある時、でっかいヘビが来で、子ツバメを飲もうとしたてんがね。おじは、それを見て、棒を持っできてヘビをおっぱらったてんがね。そのツバメの子の一羽が下へ落ちて足折ったてんがね。おじは、薬を付けて、しばってやり、介抱していたんだんが、ツバメのけがは治って、いんなと一緒に巣をたって出たと。
 つぐの年、そのツバメが、なにかくわえてきて、おじの前に落としたんだんが、それを見れば、何かの種だったと。おじは
「おう、ツバメが、土産(みやげ)持って来てくれた」
と喜んで落とした種まいたてんがの。
 春になると、芽が出て大きくなって、ふくべ(ヒョウタン)が三つなったと。秋になって、もいで磨いて見たれば、一つには、つぼの中に薬が入っていて、それを飲めば、何病気にもきくてんがね。二つ目には米が入っていて、ザラザラといくらでも出てくるてんがね。三つ目には、着るもんが入っていたと。貧乏のおじは、しんしょうがよくなったてんがの。
 のめしこきのあには、この話を聞いて、
「それじゃあ、おれもツバメをかわいがってやろう」
と思うて、軒端に自分で巣を作って、ツバメを追って、その巣に入れようとするろも、入らんと。ほうしるうちに、片目のツバメが入って、卵を産んだと。子がみよけて、チョコチョコしていたてんがね。あには、巣の中の子ツバメを一羽、腰を折って、薬を付けて介抱していたでんがの。その傷が治って、みんなと一緒にたっていったてんがの。つぐの年、そのツバメがまた種をくわえてきたんだんが、
「ああ、土産の種をくわえてきた」
と喜んで、その種まいたてんがの。芽が出て、秋にふくべが三つなったと。それをもいで見たら、一つは、中から、こじきが出てきて
「銭くれ、銭くれ」
とようたてんがの。あには、
「銭どこじゃない」
とようと、二つ目の中からは、坊さんが出てきて
「銭くれ、銭くれ」
とようたと。三つ目からは、ハチだのアブだの出てきて、そこら刺して、いっくら逃げても追っかけてくるてんがの。いきがさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。