本文へスキップ

ネズミの浄土【隣のじい】越後の昔話集

ネズミの浄土(越後の昔話)mukasi

ネズミの浄土【隣のじい】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
ネズミの浄土

 あったてんがの。じさとばさがあって、じさが粟刈りに行ったと。ほうしたら、ネズミが出で来たと。ほうして、ネズミが
「じさ、じさ、おらおまえの粟もろうて食っているんだんが、そのお礼に、おまえをネズミの浄土へ連れて行くすけ、おれにばれ(背負われ)らっしゃい」
そうようて、じさが目をくめて(閉じて)ばれると、ちっと行ったら
「じさ、きたれ」
とようんだんが、目を開けでみたら、若いショが粟をついでいると。そのそばで子どもが、子守しながら
「ねんねんころりよ。この子が十(とお)になるまでは、ニャンニャンの声はやだがね」
とようていると。なるほどと思っていたと。ごちそうになって金盆に金いっぱい持って来てくれたと。
 じさは家に帰ってきて、二人して金勘定していたと。
 そこへ隣のじさがちょこっと来て、それを見て
「おまえ達、なんでそんげの金もうけしたがだや」
と聞いたと。じさがネズミの浄土へ行ってきたことを聞かせたと。
 隣のじさも畑に粟刈りに行ったと。待っていたらネズミが出てきたと。ほうして、じさをネズミの浄土へ連れていったと。そこには、ネズミの若いショが粟をついていると。子どもが、子をぶって
「ねんねんころりよねんころや。この子が十になるまでは、ニャンニャンの声はやだがね」
とようていると。ニャンニャンの声はやだがねというが、猫のまねしてみようかな。ほうせば、あのかながめの金みんなおれが持っていかれる。そう思ってじさが猫のまねして、ニャオンニャオンとようたと。ほうしたら、ネズミがチチガタチチガタとみんな逃げていったと。ほうしたら、真っ暗になったと。じさがそこら中見るろも、何でもないと。べと(土)の穴蔵で、出ることもならんと。じさがべとわっか(ばかり)食っていたら、モグラモチ(もぐら)になったと。いきがさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。