本文へスキップ

じさとあんじゅ様【隣のじい】越後の昔話集

じさとあんじゅ様(越後の昔話)mukasi

じさとあんじゅ様【隣のじい】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
じさとあんじゅ様

 あったてんがの。じさとばさがあって、ばさが焼きもち作ってくれたと。その焼きもちを持ってじさが山へ行ったと。昼になったんだんが、じさが焼きもちを出して食おうとしたら、落としてしもうたと。急いで拾おうとしたら、ゴロゴロと転んでいって穴の中に落ちたと。
じさがついていったら、そこにあんじゅ様がいらしたと。
「あんじゅ様、ここに焼きもちが来なかったろうかの」
とじさが聞いたら、あんじゅ様が、
「焼きもちがきて、あんまりうまげらんだんが、食うてしもうた。そのかわり、おまえに金もうけさせてやるすけ、今夜はおらろこに、泊まらっしゃい。夜中になると、ばくち打ちどもが来て、金をいっぱいならべるすけ、そうしたら、箕(み)をポンポンとたたいて、ケケケッコウと鳥の鳴きまねをしれや。ほうしると、夜が明けたと思うて、金をみんな置いて逃げていくすけ、ほうしたら、その金んーな(みんな)おまえにやるが」
とようたと。
 じさが隠れていて、夜中になると、ばくち打ちどもが大勢来たと。ほうして金をいっぺえ並べているどこに、じさがあんじゅ様のようた通りに、箕をポンポンとたたいて、ケケケッコウと鳥のまねしたら、ばくち打ちどもは、金いっぺえ置いたまんま、んーな逃げていったと。
あんじゅ様がじさに、
「この金んーなおまえにくれるすけ、持って行け」
とようて、もらってきたと。
 家にきて、じさとばさが金勘定していると、隣のじさがちょこっと来たと。
「おまえ方、なにそんげに金もうけしたや」
とようんだんが、きんなのこと聞かせたと。ほうしたら、隣のじさは家にいって、ばさに焼くもちを作らせて、それを持って、山へ行ったと。焼くもちを出して、わざと転ばして、ついていったら、あんじゅ様がいたと。
「あんじゅ様、ここへ焼くもちが来なかったろうか」
と聞いたら、あんじゅ様が、
「来たろも、うんまげだんだんが、おれが食ってしもうたすけ、今夜おらろこに泊まって、ぼくち打ちが来たら、箕をはたいて、ケケケッコウと鳥のまねしらっしゃい」
とようたと。
 夜中になると、ばくち打ちが大勢来て、金を並べていると。じさが
「鳥のまねでなくで、金倉山の大ヘッビとようかな。そうせば、のうかた(一層)おっかんがって(こわがって)早く逃げるろう」
そう思うて、箕をポンポンとはたいて、
「金倉山の大ヘッビ」
とようたと。ほうしたら、ばくち打ちどもが
「なに、金倉山の大ヘッビだと。引っ張り出してはたっ殺せ」
とようて、隣のじさをいっぺえはたいたと。じさは血だらけになって逃げていったと。いきがさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。