本文へスキップ

見るなの蔵【隣のじい】越後の昔話集

見るなの蔵(越後の昔話)mukasi

見るなの蔵【隣のじい】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
見るなの蔵

 あったてんがの。ある村の男が
「おら、ここの村にいても、ろくに仕事がねえし、旅へ働きに行ってこようや」
と思って出かけていったてや。ほうして、ずんずんあえんで行って、山道にかかったれば、日が暮れてきたてが。
「おおごとらねか。こんげのどこで日が暮れてしもうて。泊まるとこもねえ」
と思うていたてが。ほうして、あたり見回したら、向こうの方に明しがめえるてんがの。そこへ行って 「今晩は」
とようたれば、きれいな娘が出てきたすけ、
「おら、暗うなって、道に迷って困っているすけ、今夜一晩泊めてくれ」
とようと、娘は
「ああ、なじょうも泊まってくんねせえ」
と泊めてくれてごっつぉをしてくれたと。
 次の朝になってみたれば、そこの家はきれいなどこで、蔵がいくつも、いくつもならんでいたと。娘が 「おら、これから、隣村へ使いに行ってくるすけ、おまえ、留守番していてくらっしゃい。この並んでいる蔵のどこを開けてもいいが、いっちしまいの蔵だけは、見てくれるな」
とようて、出ていったと。
 男は留守番していたろも、見るなとよう蔵が見たくてどうしょうもねえんだんが、こっそり開けてみたてや。
ほうしたれば、梅の木にウグイスが、一羽止まっていたと。男は
「なんだ。こんげのがん。どうして見んなとようた」
と思うたと。ほうしるうちに、娘が帰ってきて
「おまえさん、あれほど見るなとようたがん、見たのう」
とようて、一羽のウグイスになってどっかへたっていってしもうたと。ほうしたれば、家も蔵も消えて、男は山の奥にぼんやり立っていたと。いきがさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。