本文へスキップ

笠地蔵【大歳の客】越後の昔話集

笠地蔵(越後の昔話)mukasi

笠地蔵【大歳の客】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
笠地蔵

 あったてんがの。貧乏なじさとばさがあったと。じさは山へ行って、しばを刈って売りに行くてが。
 バシャバシャ雨の降る日、じさが町へ行く道端に地蔵様がたっていらしたと。びしょ濡れに濡れているんだんが、じさは雨に濡れた地蔵様をかわいそうに思って、町へ行ってしばを売った銭で笠を買って来てかぶせてやったと。家に帰ってばさに
「しば売ったろも、、地蔵様に笠買ってかぶせたら、米かう銭がたえた」
とようたと。ほうしたら、ばさは
「ようしてくらした。お地蔵様に笠かぶせてきてよかった。おら、お湯でも飲んでいる」
とようたと。
 つぐの日、じさが地蔵様の前通ったら、
「じさじさ」
と呼ぶてんがの。
「笠もろうてありがたかった。おまえにお礼がしたい。
今夜十二時ごろ、ここへ来ておれの後へ隠れていれや。
悪者がきて銭勘定しるすけ、おめえ、鶏(とり)の鳴くまねしれや」
とようたてんがの。じさは地蔵様のよう通りに、地蔵様の後へ隠れていたと。十二時ごろに、悪者が来て、袋の中から銭だして、勘定していると。じさが
「ケケケッコウ」
と鶏のまねしたと。悪者達が
「鶏が鳴く、そんげになったか」
とようたと。またちょっとめると、
「ケケケッコウ」
と鳴くまねしたと。
「三番鶏が鳴く。こうしちゃいらんね」
と、悪者は銭おっぱなして、いってしもうたと。地蔵様が、
「じさ、この銭、おめえにくれるすけ、持っていけや」
といわしたと。じさが喜んで銭もろうて家に来たと。ほうして金持ちになって一生楽に暮らしたと。いきがさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。