本文へスキップ

ままはは【まま子いじめ】越後の昔話集

ままはは(越後の昔話)mukasi

ままはは【まま子いじめ】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
ままはは

 あったてんがの。あるろこへつぁつぁとかっかがあったと。かっかが病気で死んでしもうて、子どもが二人もいるんだんが、かわりのかっかをもらったと。つぁつぁは旅に働きにいったと。かっかは、二人の子がにくくてどうしょうもねえ。なんとか殺そうと思うていると。筒(つつ)のようなナタをあつけて、
「山へ行ってしば刈ってこい」
とようたと。子ども二人はそれを持って山へ行ったども、なんでも切れないと。太郎が泣いていると、年寄りのじさが来て、切れるナタでしばを切ってくれたと。それ持って家にきたら、こんだかっかがかごを預けて
「水をくんで来い」
とようたと。それを持って川へ行ったろも、なんも水をくまんねと。またじさが来て、桶に水くんでくれたと。
それを持って家にきたと。かっかがせえ風呂(据風呂)に水をいっぱい入れて、熱く沸かしてその上に板の橋とハギの橋を渡して、その向こうに、巾着(きんちゃく)にお金を入れて下げておくと。ほうして太郎に、
「あの袋の中に金が入っているが、欲しくないか」
とようたと。太郎が欲しいとようと、
「取って来いばくれる」
とようて、太郎が板の橋を渡ろうとしたら、かっかが
「そっちじゃねえ、こっちだ」
とようて、ハギの橋を渡らせて、太郎は湯の中へ落って死んでしもうたと。こんどは次郎にハギの橋を渡らせて、
「あの巾着取っで来い」
とようたと。次郎が
「やだ、やだ」
とようろも、無理に渡らせようとして、中へ突き落としたと。二人の子どもをこもにくるんで縁の下に埋めたと。それからいっか(幾日)たってから、つぁつぁが帰ってきたと。つぁつぁが
「太郎、次郎はどうした」
と聞いたら、かっかが
「太郎も次郎も風邪で死んでしもうた」
とようたと。つぁつぁが
「かわいそうなことをしたな」
と悲しんでいると。
 つぐの朝、つぁつぁが、外に出で庭を眺めていると、きれいな鳥が飛んできて、つぁつぁの前に止まって
「ててご様のござったか。筒でしばは刈らんねえ。かごで水はくまんねえ」
とようて鳴いていると。つぁつぁは
「不思議な鳥だなあ」
と見ていたら、ツゥーと縁の下に入ったと。つぁつぁがついていってみたら、新しいべとが、盛り上がっているんだんが、掘ってみたら、太郎が皮がむけて、泥のからだで出てきたと。次郎もそこらに埋めてあるかと聞いたら、太郎と反対の方に埋めてあったと。つぁつぁが、二人の子どもの死んだのをかっかの前に持ってきて、
「おまえは鬼だすけ、家にいなくていい。出ていけ」
とようて出したと。いきがさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。