本文へスキップ

三枚の札【かくれ話】越後の昔話集

三枚の札(越後の昔話)mukasi

三枚の札【かくれ話】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
三枚の札

 あったてんがの。あるろこへ和尚と小僧があつたてんがの。和尚が
「小僧、小僧、今日は天気がいいすけ、山へ行って、お花取ってきてくれ。途中、もしものことがあるとわるいすけ、札を三枚やる。火の札、水の札、山の札の三枚だ。
何かあったら。一枚づつ投げれ」
とようたと。小僧は
「はい、はい、ありがとうございます」
とようて、山へ花取りにでかけたてんがの。ずんずん山の奥に入っていったうも、その日はまだなんにも花が咲いていなかったと。小僧は
「和尚様はお花を取ってこいといわしゃったが、花がなんにもねえが、どうしょうば」
と思うて、ズンズン山の奥へ入っていっても、花は何にもなかったと。いくら行っても花はないし、
「こらおごっだ(たいへんだ)」
と思うているうちに、日がくれてしまった。
「はあて、こんげの山奥へ入って、日も暮れたし、道も分からんし、おおごとだ。どっかへ泊まるどこはないかな」
とあっち見たり、こっち見たりしていたら、向こうの方にポカポカとあかりがめえたと。小僧は
「ああ、いいあんばいだ。あそこへ行って泊めてもらおう」
と思って行って、
「今晩は、おら道に迷って困っているすけ、一晩泊めてくらっしゃい」
と頼んだと。奥から年寄りのばさが出てきて、
「おら家はなんもねえろも、よかったら泊まれ」
とようたと。ばさは
「小僧がきたろもなんもねえが、豆でもいってくれようかの」
とようて、裏へ行って小石を拾ってきて、いり鍋(なべ)に入れ
てガラガラといっているてんがの。小僧は
「こらおおごとら。石なんか食わんねえがね」
と思うておっかなくてどうしょうもねえろも、どうすることもならんと。そのうちに、ばさが
「さあ小僧、豆いったすけ、食いや」
とようて、自分でも、ガリガリ食うているてが。小僧は、その小石を食うまねしちゃ、ほどこ(ふところ)に入れて知らん顔していたと。ばさが
「小僧、小僧、寝ろういや」
とようろも、小僧は
「おら、布団がねえすけ、寝らんね」
とようたら、ばさが
「んな、おれが抱いて寝るすけ」
とようた。小僧は、おっかなくてどうしょうもねえろも、仕方がねんだんが、ばさと寝たと。小僧はぐうぐういびきかいて寝たまねしていたら、ばさが、小僧のからだをなぜて
「手から食おうか、足から食おうか」
とようていらずって(なぜる)いたてんがの。小僧は
おっかんくてどうしょうもねえし、逃げようと思って、「ばさ、ばさ、おれ小便が出る」
とようたと。ばさが三枚の札
「寝ててこけ」
とようんだんが、こんだ
「おれあっぱが出る」
とようたと。ばさがまた
「寝ててこけ」
とようんだんが、小僧は
「おれあっぱがたれこち(出そうになって)らすけ、どうでも便所にやってくれ」
と頼んだと。ばさが、
「ほうせば、おれが、綱つけておくすけ、いってこい」
とようたてんがの。小僧は、腰に長い綱付けられて、ちょうずば(便所)にいったてんがの。ほうして
「ちょうずばの神様、どうか助けてくんねせえ。おれはここから、逃げて行くすけ、ばさが綱引っ張って『小僧、小僧、いいかや』とようたら、『まだまだ、でるさかり。』とようてくんねせえ」
と頼んだてんがの。ほうしるんだんが、ばさがごうやいて、
「小僧め、いつまであつぱこいてけつかる」
とようて、その綱ごうぎに引っ張ったてや。ほうしたら、ちょうずばの柱が抜けて、ばさのろこへ飛んできたてが。ばさは
「あちゃ、小僧め。おれ、たらかして逃げやがった」
とようて、外へ、飛んで出たれば、小僧は向こうの方へどんどん逃げて行くがんだと。ばさは
「小僧待て、待てえ」
と小僧の後をドンドンぼっかけてくる(追いかけてくる)と。ほうして小僧は、じっき続かれそげになるがんだと。ほうしるんだんが、小僧は和尚さんからもらった、山の札を出して、
「大山になあれ」
とようて、ゴーンと投げたと。ほうしたれば、ばさの前にこってえの山ができたと。ばさは
「そら、野を越せ、山越せ」
とその山へ登るてんがの。小僧はこのこま(間)に、逃げようと思って、どんどん逃げるろも、ばさは山越して、じっき続かれそげになったと。小僧はこんだ、水の札出して、
「大川になあれ」
とようて、ゴーンと投げたと。ほうしてれば、こってえの川がばさの前にできたと。だろも、ばさは、その大川をジャブジャブこいでぼっかけてくるてが。ほうして、また続かれそげになったと。小僧は気いもんで、
「あと一枚しかないがんに」
と思って、火の札取り出して、
「大火事になあれ」
とようて、ゴーンと投げたと。ほうしたれば、そっこら中が大火事になってぼんぼん燃えているてんがの。そのこまに小僧は、やっとお寺に逃げてきたと。ほうして「和尚様、和尚様、鬼ばさがおれぼっかけて来たすけ、早起きてくんねせえ」
とようたと。和尚様は
「今顔あろうて」
とようて、ゆっくりしていなさると。小僧はせつながって、
「早、戸開けてくんねせえ」
とようろも、
「今、顔ふいて」
とゆっくりしていなさると。小僧はせつながって、
「和尚様、鬼ばさがぼっかけて来て、ここへ来るてがんに。早、隠してくんねせえ」
とようんだんが、和尚様はやっと戸を開けたと。ほうして
「さあ入れ。隠してくっる」
とようて、こもにくるんで、なわでしばって、井戸の天井にいつけていらしたと。そこへ鬼ばさがとんできて、
「和尚様、ここへ小僧が飛んでこねかったか」
と聞くんだんが、和尚様は
「小僧なんか、こねえ」
とようと、ばさは
「いや、来たはずだ」
とようて、帰らんかったと。和尚様が何度もようろも、ばさは
「ほうしたれば、家探(やさが)ししるぞ」
とようて、家の中へ入って、そこら中たずねるども、小僧はめっからんかったと。しまいに、井戸の中をのぞいてみたれば、自分の顔が映ってめえたと。
「小僧め、そこへけつかった(いた)か」
とようて、井戸の中へ落ちたと。ほうしると、和尚様と小僧は二人して、井戸の中へ石をどんどん投げたと。ばさは井戸の中で
「ありゃあ」
とようて死んでしもうたと。いきがさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。