本文へスキップ

馬方と鬼ばさ【かくれ話】越後の昔話集

馬方と鬼ばさ(越後の昔話)mukasi

馬方と鬼ばさ【かくれ話】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
馬方と鬼ばさ

 あったてんがの。あるどこへ、馬方(うまかた)があったてんが。
あるどき、魚屋から魚いっぺえこうて、魚を馬の背につけて、峠越えしているてんがの。峠にかかると、へえ、日暮れ時で、人の通りのないてんがの。馬方は
「はや、いごう」
と思うて、馬の尻(けつ)たたきたたき行ったてんがの。ほうしると、後ろの方で
「あの、馬方」
とよばる声がしるてんがの。見たれば、白髪(しらが)ばっかのばさがいるてんがの。馬方が、
「おれに何用事だ」
と聞くと、ばさが
「おれにその魚一匹くれ」
とようんだんが、馬方が
「この魚はおれの魚でねえ。峠の向こうに運ぶがんだ。
やるわけにいかねえ」
そうようて、馬引っぱっていったてんがの。
 ほうしると、馬がチョコンと止まって、あえばん(歩かない)てがの。見たれば、ばさが、馬の上に上がって、その魚取ろうとしているてんがの。ばさの口は耳まで裂(さ)けている、おっかなげな鬼ばさだてんがの。それを見たれば、馬方はおっかんなって、馬も魚もおっ放して、逃げだしたてんがの。
 ドンドン逃げていったれば、山の中へちんこい小屋があったてんがの。馬方は、
「こらいいあんばいだ。ここへ入って泊めてもろう」
と思って
「今晩は、今晩は」
と声かけるろも、返事がねえてが。
「はて、こらあき小屋だかな」
と思って中へ入ってみるろも、だれもいねえし、押し入れの中見たれば、薄い布団があったてんがの。
「こらいい」
とその布団の中へ入っていると、だれか来たよう音がしると。
「はて、家の者が来たふうだ」
と馬方がのぞいてみると、さっきなの鬼ばさだったてんがの。
「こらまあ、おごとら(困った)ねか」
と馬方は、押し入れの中でちんこくなっていたてんがの。鬼ばさは
「やれ、さぶい(寒い)、さぶい」
とようて、入ってきたけや、
「さぶいすけ、木のからと(櫃)に寝ようか。石のからとに寝ようか」
とようんだんが、馬方が
「木のからと、木のからと」
とようたと。ばさは
「そうか。神様が木のからとというんだんが、木のからとに入って寝よう」
とようて、木のからとに入って寝たてんがの。馬方が、木のからとに、きりでキリキリ穴開けたてんがの。ばさは
「おっこ、キリキリ虫が鳴かや」
そうようていたてんがの。ほうして馬方は、お湯沸かして注ぎ込んだれば、鬼ばさは、死んでしもうたてんがの。いきがさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。