本文へスキップ

旅人馬【かくれ話】越後の昔話集

旅人馬(越後の昔話)mukasi

旅人馬【かくれ話】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
旅人馬

 あったてんがの。村の男ショが三人して伊勢参りに出かけたと。道中で日が暮れて、宿屋に泊まったと。そこへ主人が草もちをこしらえて出したと。あんまりうまげだんが、三人が食うたと。ほうして朝起きで見たら、三人とも馬になって、人間の言葉をしゃべらんねと。
「おおごとだ。この草もち食わんけりゃよかった」
と思っているうちにばくろう(馬喰)が来て、馬三匹買っていったと。どんどん引っ張って行かれて、三匹の馬は、ある人に買われて、夜になると、一匹は別なとこに、二匹は同じとこに寝せられたと。 一匹の馬が寝せられているどこに、年寄りのじさがきて、
「この原の奥に沼がある。その沼の朝日が当たる真っ正面にススキがある。そのススキの中にしまのススキがある。そのススキを食えぼ、もとの人間になる」
とようて聞かせたと。その馬は、朝早く、その沼にいってしまのススキを探して食うてみたれば、もとの人間になったと。そのススキを刈って二匹の馬に食わせたら、元の人間になったと。三人は、馬にさせられた宿屋にいって、こっそり草もちを盗んできて、それでうまい菓子を作って、それを持って宿屋に泊まりにいったと。ほうして
「こら、土産だ」
というて、菓子を出したと。宿屋の亭主がみんな食って馬になったと。いきがさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。