本文へスキップ

キツネのちょうちん【人とキツネ】越後の昔話集

キツネのちょうちん(越後の昔話)mukasi

キツネのちょうちん【人とキツネ】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
キツネのちょうちん

 あったてんがの。あるろこに、炭焼きじさがいたと。山で炭を焼いてそれを町に売りに行くと。ある日、町からの帰り道、山道にかかって真っ暗になってしまったと。生暖かい風がフワフワと吹いてきて、なんだか気味の悪い晩だったと。じさがひょいと前のほうを見ると、きれいなお嬢様がちょうちんを持ったお供(とも)を連れて、歩いているてんがの。じさは
「あのちょうちんについていこう」
と気をもんで歩くろも、続かんねえてんがの。じさは
「こら不思議だ。キツネだかも知らんな」
と思ってよく見たれば、供のけつにでっかいしっぽが出ていると。じさはおかしくなって、
「そのしりっぽをちっと引っ込ませれや」
とようたら、しりっぽを半分引っ込ませたと。またちっとめると、しりっぽをみんな出して歩いていると。じさが
「おい、化けるなら、もっと上手に化けれや。そんげの化け方していると、つかめるぞ」
とようたら、キツネはたまげて、お嬢様も供もキツネの姿になって、ちょうちんをおっぱなしてやぶの中に逃げていったと。じさはちょうちんを拾って家に持ってきて、大事にしていたと。
 つぐのようさる(夜)、トントンと戸をたたく音がしるんだんが、じさが戸を開けて見たれば、きれいなお嬢様が立っていると。ほうして
「ようべのちょうちんを返してくんねせい」
とようたと。じさは
「このちょうちんおら大事にしもうておこうと思っている」
とじさがようと、
「おらキツネだ。娘を嫁にくれるに、今夜、その行列にちょうちんがいるすけ、どうか返してくんねせい」
とようたと。じさが返してやったら、その晩の夜中にキツネの嫁入りがあって、ちょうちんがいくつも見えたと。いきがさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。