本文へスキップ

ばくろうとキツネ【人とキツネ】越後の昔話集

ばくろうとキツネ(越後の昔話)mukasi

ばくろうとキツネ【人とキツネ】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
ばくろうとキツネ

 あったてんがの。あるろこへばくろうがあって、馬の売り買いをしていたてんがね。ある時、ばくろうが、ばくちに負けて、夜遅く、山道を通ってきたてんがの。ほしると、二匹のキツネが話していたてんがの。
「おい、なにかいいことないか。おら、ニシンと小豆まんまが食いたいなあ」
一匹のキツネがようと、もう一匹が
「そうか、いいことがある。おまえ馬になれ、おれがばくろうになって、馬市へ行って、おまえをいい値で売るすけ、そのお金でうまいものたらふく食おうや」
とようたと。初めのキツネは
「そうか、それはいい」
とようてめいめいの穴に帰ったと。それを聞いたばくろうは、
「こら、いいこと聞いた」
と馬になるキツネの穴へついていって、穴を確かめてから帰っていったと。
 つぐの朝、ばくろうは、ニシンと小豆まんまを持って、キツネの穴に出かけていったてんがの。ばくろうは、
「おい、来たろ。おればくろうに化けてきたろ」
とキツネのまねしてようたと。馬になるキツネは
「ごうぎ早いねか」
とたまげたと。ばくろうは、
「おまえにニシンと小豆まんま持ってきたすけ、これ食っていごう」
とようと、馬になるキツネは喜んでニシンと小豆まんまを食うたてんがの。ばくろうが
「おめえ、どっげの馬に化けるかひとつ化けてみれや」
とようんだんが、キツネはクルッとひっくり返って馬に化けたてんがの。ばくろうがその馬連れて馬市へいったてんがの。馬市じゃ、あんまりいい馬だすけ、しんしょうのいいだんな様が、いい金でその馬買ったてんがの。
ばくろうは、その金持って、喜んで家に帰っていったてんがの。
 ばくろうに化けたキツネが、そのあさげ、馬に化けるキツネの穴に行ったてんがの。穴の中には、キツネがいねえで、
「はて、まあ、どうしたがだ」
と思うて自分の穴に戻っていたてんがの。ほしているうちに、馬になったキツネが戻ってきたと。ばくろうになったキツネのどこに行って見ると、ちゃんと戻っていてばくろうになったキツネが
「おい、あさげ、おめえのどこにいったら、穴にいなかったが、どこに行っていたがら」
とようたと。こんだ、馬になったキツネが、
「おまえ、なにようているがだ。おれを引っ張って馬市へ売ってきたねか。金いっぺえもろうて来たはずだが、二人で分けようねか」
とようたと。ばくろうになったキツネが
「そら、おれでないが、そうせば、ほんとのばくろうが、おらの話を聞いておまえ売ってきたがだ」
ようたと。馬になったキツネが、
「そうせや、おら二人して役人に化けて、ぼくろうのどこから、その金とり戻してこう」
とようたと。二匹の相談をほんとうのぼくろうが聞いていたてんがの。
 ある日、二人の役人がやってきて
「ばくろう、おまえは偽(いっわり)の馬を売って。金を取ったというが、その金をここに出せ」
とようんだんが、ばくろうは、
「ははあ、これはキッネが化けているがだな」
と思うて、家の中に入れて、ニシンや小豆まんまを食わせ、ナンバンを火にいぶしたれば、役人に化けたキツネは逃げようと思うて騒ぐども、戸が閉めてあるんだんが、外へ出ることがならんで、二匹ともばくろうにつかめられてしもうたてんがの。いきがきれた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。