本文へスキップ

ツルの涙【動物の報恩】越後の昔話集

ツルの涙(越後の昔話)mukasi

ツルの涙【動物の報恩】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
ツルの涙

 あったてんがの。ある村の子どもが山へたきぎを取りにいったてんがの。のどがかわいて谷間へ水を飲みにいったてんがの。ほうしたら、足の長い、白い羽の鳥が足痛めて、たたんねでいたてんがの。子どもは
「こらあ、気の毒だ」
と思うて家に連れてきて、傷の手当てをしてやったてんがの。村のもんが
「まあ、きれいな鳥だ」
とようて見にくるども、なんとよう鳥だか分からんと。
そうしたら、年寄りのじさが
「こらあ、ツルとよう鳥だ。ツルはめでたい、いい鳥だ」
とようんだんが、村のショがえさをやりに来てくれて、ツルの傷は治ってゆくと。そのうちにツルの傷はきれいに治ったと。村に田植えが始まるてがんに、いつまでめても雨が降らんで、水がなくて田植えしらんねかったと。村のもんが
「ツルが来ていいことがあるてがらろも、悪いことばっかだ。いつも田植え時には雨が降るんだろも、ツルがきてからいっこう雨が降らねえ」
とようて、だれもえさを持ってくるもんがいなくなったと。そうしるんだんが、ツルを連れてきた男の子は、ある日ツルを連れて山のふもとの谷間へ行ったてんがの。
「ツル、ツル、きょうはおめえと別れだぞ。おめえがきてから、田植えに雨が降らねえとようて、えさを持ってきてくれる人もねえなった」
そうようてツルを放してやったと。そうしたら、ツルはボロンボロンと涙を流して泣いていたてんがの。その涙が谷間を流れて、川になっていくらでも水があるようになったてが。そうして村は楽々と田植えが終えたと。村のもんがツルのどこへお礼にいったろも、もうツルの姿は見えなかったと。いきがさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。