本文へスキップ

お月様と子ども【動物の報恩】越後の昔話集

お月様と子ども(越後の昔話)mukasi

お月様と子ども【動物の報恩】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
お月様と子ども

 あったてんがの。ある川のそばにばさと子どもが住んでいたと。ある日ばさがまんましようと思ったら、かめに水がないと。男の子がいろりにつかまっていたんだんが、
「おめえ、水くんできてくれや」
と頼んだと。子どもは
「おら水くみなんかやだ」
とようたと。ばさは
「この子はまあ」
とにらみつけたと。子は
「ばさなんか、おっかんねえ」
とようて、水くみに川へ行ったてんがの。いつまでたっても子どもが帰ってこねんだんが、
「なにしているがらろ」
と川へ迎えに行ったと。川にちんこいマスの子がいっぺえ来たと。ばさが
「マスの子、おらちの子が水くみにきたが、知らんか」
ときいたら、
「おら、知っているろも、聞かせねえ。おらのこと馬鹿マスだとようたすけ」
とマスの子がようたと。こんだ、サケがいっぺい上ってきたんだんが、
「サケサケ、おらちの子が水くみにきたが、どこへ行ったか知らんか」
と聞いたと。サケが
「おらこと、神様の魚だとようたすけ、おせて(教えて)やる。あの子はお月様のどこへ行った。あの子は悪い子だすけ、お月様に連れて行かれて、お月様の黒い影になった」
とようたと。ほうしるんだんが、ばさはお月様の影をいつもながめていたと。いきがさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。