本文へスキップ

三匹の田【動物の報恩】越後の昔話集

三匹の田(越後の昔話)mukasi

三匹の田【動物の報恩】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
三匹の田

 あったてんがの。ある村にしんしょうのいいだんな様があったと。ある時、隣の家のじさがタヌキを一匹取って持ってきたと。じさは
「このタヌキは悪い奴で、おれがこないだ、町から帰って来る時、ばさに化けて、買ってきた魚、んな取って食ってしもうた。今日はつかめたすけ、タヌキ汁にして食おういの」
とようたと。
 だんな様がタヌキを見たら、タヌキが手をついて涙ボロボロだして謝っているがだと。だんな様は
「かわいそうに。今日だけはこのタヌキ勘弁(かんべん)してやって放してくれ」
と頼み、タヌキに
「タヌキや、こんだ人を化かしたり、人の物を取ったりしんな」
とようて、綱を切って放してやったと。タヌキは喜んで山へ逃げていったと。
 それから幾月もたってから、だんな様が山の荒れ地に行ってみたら、いつの間にか田は起こされてきれいになっていたと。
「だれが起こしたのだろう」
と思うて、家にきて聞いてみるろも、だれも知らんと。
昼間行って見るろも、だれもいないと。夜、だんな様が隠れて行ってみていたと。ほうしたら、助けてやったタヌキと、そのかかと、小タヌキと三匹で、
「やっとこどっこい、そら起こせ。やぶも木もそら起こせ。秋には稲の穂が垂れる」
と歌いながら、鍬で掘り起こしていたと。だんな様は
「おや、助けてやったタヌキだ」
とたまげていたと。ほうして、秋になったら、タヌキのしっぽのようなでっこい穂が出たと。それでその田んぼを三匹の田とようたと。いきがさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。