本文へスキップ

しっぺい太郎【おろかな動物】越後の昔話集

しっぺい太郎(越後の昔話)mukasi

しっぺい太郎【おろかな動物】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
しっぺい太郎

 あったてんがの。あるろこへ年よりの琵琶(びわ)ひきの坊さんがあったてんがの。村から村を琵琶をひきながら回って、銭もろうたり、米もろうたりして暮らしていたてんがの。ある山の中で日が暮れて、泊まるどこがないかと
捜していたれば、ふるしい堂があったてんがの。屋根も壊れているし、縁板(えんいた)も取れているし、荒れた堂だんがのし、
「なに神様だか、わからんども、こんにゃここへ泊めてもらいますすけ、お願いします」
とようて、中へ入って見たれば、クモの巣だらけ。琵琶を枕に、トロトロと眠っていたてんがの。
 夜中に目が覚めてみたれば、なんだかドヤドヤ音がしるんだんが、月の明りで外を見たれば、けものだか、化け物だかわからんが、おおぜい寄って、歌ったり、踊ったりしているてんがの。坊さんは
「はて、おら、とんだとこへ来てしもうた。おら、どっげのめにあわされるか分からん」
とすみっこにちんこなっていたと。
「なにようて踊っているがらろ」
ときいていたれば、
「月夜の晩に、月の光に、踊れ、踊れ。しっぺい太郎にきかせるな」
とようて踊っているてんがの。坊さんは
「はて、こらあ、不思議なことら」
と思うて、きいているろも、それがなんのけものだかわからんだと。ほうして、坊さんも、ウトウト眠ってしもうたと。あさげになって、
「タベは夢やら、なにやら、わからんども、何事もなくて良かった」
と喜んで、神様にお礼をようて、山を下りていったてんがの。
 山のふもとに村があって、村のショが集まって、なにやら心配げにしているてんがの。坊さんが
「おまえさんたち、何があったがら」
と聞いたと。村のショが
「今日は、鎮守様のお祭りで、庄屋の一人娘を、鎮守様にあげることになっているのだ」
と教(お)せてくれたと。坊さんは
「そうか。その庄屋の家はどこだ」
と聞いて、行って見たれば、みんな泣いているてんがの。庄屋が
「この村では、毎年村の娘を神様にあげることになっている。今年は、おらの一人娘をあげることで、かわいそうでならね。あげねば、大水、大風、大火事とさまざまの災難があっておおごとら」
とようたと。坊さんは
「この村にしっぺい太郎という人がいねか」
と聞くと、庄屋が
「しっぺい太郎という犬が、大工どんの家にいるが、人はいない」
とようたと。坊さんは
「そうか。そのしっぺい太郎を、娘の代わりに桐箱の中にいれておくが良い。心配しることはない」
とようんだんが、そのとおりすることになったと。
 娘の代わりに桐箱に入れて、ようさる、村のショがお堂においてきたてんがの。神様がどっげの罰をあてるか村のショは家へ入って、戸を閉めて震(ふる)えていたと。夜が明けて、坊さんが
「これからお堂に行って見よう」
とようろも、村のショは、おっかんがって、恐る恐る行ってみたと。鎮守様に行って見たれば、桐箱はグチャグチャに壊れて、血だら真っ赤になっていて、たまげてしもうたと。しつぺい太郎はへら(舌)を、長く出して、ハア、ハアとようていたと。そばに針金のような毛のミジナ(ムジナ)が、食い殺されていたてんがの。坊さんは
「しっぺい太郎でかした、でかした」
と頭をなでて、村のショに
「村のショ、安心しなせえ。こんだ、人年貢(ひとねんぐ)はいらねえ。娘はやらんでいい」
とようんだんが、村中で大喜びしたと。村のショは
「坊さんのお陰で、村が救われた。どうかこの先、いつまでもここにいてくだせえ」
とようたと。いきがさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。