本文へスキップ

尻切り稲荷【おろかな動物】越後の昔話集

尻切り稲荷(越後の昔話)mukasi

尻切り稲荷【おろかな動物】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
尻切り稲荷

 あったてんがの。とっつあとかっかがあったてんがの。とっつあが馬の背中にイモをつけて、町に売りに行き、帰りに魚を買ってつけて来るてんがの。山道にくると、前の方に年寄りにばさがあえんで(歩いて)いると。
とっつあが、そばへよると、
「とっっあ、とっつあ、おれをその馬にちっと乗せてくんねか」
とようんだんが、かわいそうだと思うて、馬に乗せてやったと。たいてい行って、後を見たら、ばさがいねえと。
「ばさを落としてしもうた」
とたまげて、そこら見たろも、いねえし、背中を見たら、買(こ)うてきた魚がないと。
「これはきっと、キツネにだまされた。ヨーシ、明日はきっとこの敵(かたき)をとってやろう」
思うて、翌日また、馬にイモをつけて町へ行ったと。帰りには、また馬の背に魚をつけてきたと。山道へくると、またきんなのばさが先になってあえんでくると。
とっつあのそばにくると、
「とっつあ、とっつあ、おれをちーとでいいすけ、その馬に乗せていってくれ」
とようたと。とっつあはばさをなわでしっかりとしばったと。ばさがとっつあに
「とっつあ、そんげにしっかりしばらんでいてくれ。手がいたくておごっだいやあ」
とようたれば、とっつあは、
「ばさが落ちるとおおごとらすけ、しっかりしばる」
とようて、しばったてんがの。ちーとめると、ばさが、「しょんべん(小便)がでたいすけ、おろしてくれ」
とようたと。とっつあは、
「そこへこけ」
とようてたと。またちいとめると、ばさが
「とっっあ、あっぱ(大便)が出るすけ、おろしてくれ」
とようたと。とっつあは、
「もうちっとだすけ、がまんしれ」
とようて、どんどん急いでうちへ来たと。
「かか、今来たぞ」
とようたら、かっかが、真っ赤に焼いた火ばしを持ってでてきたと。とっつあが、それをばさのけつ(尻)へくっつけたら、ばさは
「キャー」
とようて、しっぽを出したと。そうして、キツネは大やけどをして、死んでしもうたと。穴を掘って、その上にこぐら(ほこら)を立ててくれて、
「尻切り稲荷大明神(いなりだいみょうじん)」
と書いてくれたと。いきがさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。